2011年7月16日土曜日

英語で自己紹介

皆様、こんにちは。
“viwa”の渡邊です。久々に記事投稿します。

最近かなりの頻度で海外出張に行っており、
また、英会話のレッスンを受け始めたということもあり、
自分が弱視であることを英語でどう伝えるか、書いてみたいと思います。

と言っても、私の場合、海外留学経験があるわけでもなく、
まだまだ英語勉強中の身ですので、シンプルなことしか言えません。

でも、最近気付いたのは、シンプルな言い方で十分伝わる、と言うことです。
ときどき、カタコトの英語とジェスチャーで、なんて話を聞きますが、
それもあながちウソではありません。

たとえば私の場合、
I have problem in my eyes.
まず、これを言います。
状況をいろいろ説明するより、まずは誰でも知ってそうなプロブレムという言葉を使って、
とにかく「何かしら目に問題があるんだな、この人は。」ということを相手に伝えるのです。

次にジェスチャー。笑
私の場合、実際にルーペを見せて、
自分がそれを使って本を読む格好を再現します。で、
I have to use this.
とか、
I have to read books like this way.
とか言えば完璧です!

単眼鏡ユーザーなら、単眼鏡を使うジェスチャーをしてもいいです。
パソコンが手元にあれば、画面を至近距離で見るジェスチャーでもいいです。
自分はこうしないと見えないんですよ、こうすれば見えるんですよ、
という姿を見せるのです。

ビジネスの場なんかで、「ご理解いただければ幸いです」的なことを言いたければ、
ちょっとだけ気合いを入れて、
I'd really appreciate your understanding.
と一言添えればイイ感じに!

ちょっとした場面、
たとえば、ホテルやレストランで会計の明細をチェックする時などに、
何も言わずに伝票を至近距離で見るよりも、
笑顔で一言、
I have problem in my eyes.
と言ってからの方が、相手に余計な不信感を与えたり、
変に心配されたりすることが少なく、スムースなコミュニケーションができると思います。

夏休み、海外に行かれる方もいらっしゃると思います。
簡単な英語でコミュニケーションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿