2017年11月13日月曜日

viwa shop 三菱電機 しゃべるレンジグリル 活用編 コロッケの再加熱

皆様


viwa事務局です。
視覚障がいのある人にとって使いやすい商品を紹介するコーナー「viwa shop」。
今回、ご紹介するのは三菱電機の「らく楽アシスト」商品の中から「しゃべるレンジグリル」です。

今回は活用編ならぬ料理編ということで、購入してから一日経過したコロッケの再加熱調理についてご紹介しています。
・再加熱モードの使い方
・コロッケ等の揚げ物や調理パン、たい焼き、今川焼き等を再加熱モードでできたてのようにおいしくしあげる方法
・自動的に再加熱の時間を調節
・音性ナビで残り時間を確認
・そして、最後にはサクッサクッとよい音のする揚げたてのコロッケが完成!

スーパーで購入したお惣菜もこのレンジグリルがあれば、よりおいしく食べられそうですね。

この動画でご紹介するレンジグリルの詳細は以下のサイトからご覧になれます。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/rangegrill/product/spec.html

ぜひ、一度ご覧ください。

動画で紹介のあったレンジグリルに関するお問い合わせは以下の電話番号までお願いします。
三菱電機お客さま相談センター フリーダイヤル 0120-139-365
【しゃべるレンジグリル基本操作編】
基本操作編
http://www.viwa.jp/2017/10/viwa-shop.html

活用編 焼き鮭調理
http://www.viwa.jp/2017/10/viwa-shop_31.html


過去の紹介動画コンテンツいろいろ
【軽くて使いやすい掃除機の紹介動画】
軽くて使いやすい掃除機 基本操作編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/08/viwa-shop-be-k.html

軽くて使いやすい掃除機 活用編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/09/viwa-shop-be-k.html

軽くて使いやすい掃除機 座談会編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/09/viwa-shop-be-k_24.html


【しゃべるIHクッキングヒーター紹介動画】
しゃべるIHクッキングヒーター 基本操作編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/07/viwa-shop-ih.html

しゃべるIHクッキングヒーター 活用編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/07/viwa-shop-ih_8.html

しゃべるIHクッキングヒーター 座談会編
http://www.viwa.jp/2017/08/viwa-shop-ih.html

【しゃべる炊飯器の紹介動画】
しゃべる炊飯器 基本操作編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/03/viwa-shop-vol.html

しゃべる炊飯器 活用編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/05/viwa-shop.html

しゃべる炊飯器 座談会編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/06/viwa-shop-vol.html

次回は三菱電機しゃべるレンジグリル 座談会編です。お楽しみに!

viwa 事務局

大学定期試験における合理的配慮事例の紹介

皆さま

こんにちは。viwaの森です。
今回は私が現在大学の定期試験で実際に受けている配慮事項について記事を書きたいと思います。なお、普段の授業等で受けている支援に関してはまた別の記事で書こうと思います。

私は現在新潟大学経済学部の4年生です。去年の4月に3年次編入学という形で3年生として大学に入学しました。

入学後すぐに、私は経済学部の学務係及び大学障害学生支援室にて、大学における定期試験状の配慮について相談しました。

新潟大学では視覚障害のある学生を受け入れるのは初だったため、前例もなく、私自身で自分に必要な配慮を主張し、支援体制を作ったという形になりました。今振り返ると、前例がなかった分、大学側は私の話を親身になって聞いてくれたように思います。
前例がある場合、「弱視の学生にはこういう支援をしておけばいい」といった支援を使いまわせるパッケージとして考える方も少なからずいるようなので、それはそれで配慮を主張するのは大変なのかなと思います。

4月当初、私は入学試験でしていただいた、別室受験、時間延長(1.3倍)、問題用紙および回答用紙の拡大(A4→A3)という配慮を申請し、実践していただきました。

しかし、その後私は自分の定期試験での配慮内容を改めたいと思いました。
入学と同時に私は勉強のツールとしてiPadを活用するようになりました。iPadの読み上げ機能や拡大機能を用いて勉強しているうちに、iPadを定期試験でも活用したいと思うようになったためです。その旨を障害学生支援室に伝え、夏休み前の期末テストからiPadを持ち込んだ受験が認められました。

iPadを持ち込んだ最初の期末テストは問題用紙のPDFデータをiPad用のUSBで受け取り、音声読み上げを通して問題を読み、拡大した回答用紙で手書きで記入するという方式をとりました。しかし文字を書くことが大変であることや自分の文字を読み直すことが困難だということから、さらに配慮事項を改善しました。現在はデータの問題用紙をiPadを通して読み、Bluetoothキーボードを使ってワードに回答を書き込む、そしてそれを試験終了後にワイヤレスプリンタで出力して提出するという方式で定期試験を受けています。

前期の期末試験では自分のiPadを持ち込んでいましたが、不正防止のため大学の予算から、試験用のiPadを、そしてその他定期試験に必要なBluetoothキーボード、iPad用USB、iPadスタンド、ワイヤレスプリンタを購入していただきました。

以上が私が現在大学の定期試験で受けている配慮事項です。なお、合理的配慮を主張した際には、自分がどれだけ読み書きに困難があるかの客観的なデータも大学側に提出しました。私は大学入学前にウラウスという読み書き速度診断を受けていたのでその結果を提出しました。交渉する際はデータを提出するとより自分の困難及び、配慮の必要性が伝わると思います。

今回の事例はあくまで私個人の事例です。別の大学で全く同じ内容の配慮が受けられるかどうかはわかりません。しかし実際に大学でこのような配慮が認められているということはこれから大学生になる視覚障害のある学生にとっては価値のある「前例」の一つになると思います。

第4回視覚障害教育ICT活用研修会のご案内

こんにちは、viwaの二宮です。
今回は、第4回視覚障害教育ICT活用研修会のご案内です。

**ここから**
12月27日,28日は,学び納め!参加して,光学で実践力を磨きませんか!?視覚障害教育ICT活用研修会!

今年のテーマは,
・光学の基礎
・教師が知っておくと便利なめがねの話
・光学的視角補助具の話です!  
メガネの話は,全ての学校の先生にお役に立つ内容です!ぜひ,ご参加くださーい!

以下の質問に答えられるようになろう!
・拡大鏡の5倍っていうけど,1倍はなに?
・拡大鏡,公式文書で,なんでルーペって書いちゃだめなの?
・拡大鏡って,何cmで構えるのが適正なの?
・単眼鏡の6X32って,どういう意味?
・ケプラー型で,対物レンズの大きさと視界は無関係って!?
・単眼鏡って,近くをみるとき,どうして伸ばすの?
・いいメガネってどんなの?
・メガネの正しいかけかたは?
・メガネのメンテナンスの方法は?
・メガネにはどんな種類があって,どう使い分けるの?

などなど!日々の実践から,センター的機能を担当する方まで,お役に立つと思われる情報をお届けします。


第4回視覚障害教育ICT活用研修会を開催します。
開催日:20171227日・28
場所:広島大学
テーマは,メガネです!良いメガネとは?メガネの正しいかけかたは?メガネがあっていないと・・・。

などなど,メガネや光学的視覚補助具について掘り下げます!なので,通常の学校や視覚以外の特別支援学校の先生にとっても,生かせる内容だと思います!
プログラム・参加申し込みは以下にあります!

https://ws.formzu.net/fgen/S20189319/


**ここまで**

第261回(17-11)済生会新潟第二病院眼科勉強会のご案内

こんにちは、viwaの二宮です。
今回は、261回(17-11)済生会新潟第二病院眼科勉強会のご案内です。

**ここから**
案内:第261回(17-11)済生会新潟第二病院眼科勉強会   仲泊 聡
  日時:平成291108日(水)1630 1800
  場所:済生会新潟第二病院 眼科外来  
 演題:「視覚障害者支援における課題の変遷」
 講師:仲泊 聡(理化学研究所 研究員;眼科医)
 http://andonoburo.net/on/6193

【抄 録】 
 私は、平成元年に東京慈恵会医科大学を卒業して、平成77月に神奈川リハビリテーション病院に赴任しました。

これが、視覚障害業界への入り口となりました。したがいまして、今年の7月に満20歳を迎えたわけです。
 その前半は、周りにいる専門家の皆さんにくっついていただけで、人前では「視覚障害については素人で。。」とか言ってごまかしてきましたが、国立のリハセンターに異動することになった頃から、もう素人ではいられないという自覚が生まれました。
そして、それまでの10年に教わったこと、経験したことを肥やしにして、視覚障害者にとって少しでもよい未来にしていかなければと思いを巡らせて後半の10年を過ごして参りました。
 本勉強会では、このような稀有な経歴をもった眼科医として、自分が見聞きし、考えてきた視覚障害者支援における課題とその変遷についてお話できればと考えています。

ざっと分けて、周囲の専門家に聞いたり、書物から知った1990年代以前のこと、神奈川リハ時代の体験から感じた2000年代のこと、国リハ以降での体験から確信した2010年代のこと、そして、これらを素にして2020年代での課題について推察したいと思います。

【略 歴】
 1989年 東京慈恵会医科大学医学部卒業
 1995年 神奈川リハビリテーション病院
 2003年 東京慈恵会医科大学医学部眼科講師
 2004年 スタンフォード大学心理学科留学
 2007年 東京慈恵会医科大学医学部眼科講師準教授
 2008年 国立リハ病院 第三機能回復訓練部長
 2010年 国立リハ病院 第二診療部長
 2016年 神戸理化学研究所 研究員

=============================
『済生会新潟第二病院 眼科勉強会』
 1996年(平成8年)6月から、毎月欠かさずに続けています。誰でも参加出来ます。
話題は眼科のことに限らず、何でもありです。参加者は毎回約20から30名くらいです。

患者さん、市民の方、医者、看護師、病院スタッフ、学生、その他興味のある方が参加しています。眼科の外来で行いますから、せいぜい5m四方の狭い部屋で、寺子屋的な雰囲気を持った勉強会です。 
ゲストの方に約一時間お話して頂き、その後30分の意見交換があります。
2018
3月で終了の予定。

  日時:毎月第2水曜日16301800(原則)
  場所:済生会新潟第二病院眼科外来

*勉強会のこれまでの報告は、下記でご覧頂けます。
1)ホームページ「すずらん」
 新潟市西蒲区の視覚に障がいのある人とボランティアで構成している音声パソコン
教室ホームページ
 http://occhie3.sakura.ne.jp/suzuran/
2)済生会新潟第二病院 ホームページ
http://www.ngt.saiseikai.or.jp/section/ophthalmology/study.html
3)安藤 伸朗 ホームページ
http://andonoburo.net/

================================
【今後の済生会新潟第二病院眼科 勉強会 & 研究会】
平成291118日(土) 14時開場 1430分~1730
 『済生会新潟第二病院眼科-市民公開講座2017
  会場:済生会新潟第二病院 10階 多目的室
 講師:宮坂道夫(新潟大学医学部教授 医療倫理・生命倫理)
  http://andonoburo.net/on/6180
 講師:細井順(ヴォーリズ記念病院ホスピス長;滋賀県近江八幡市)
  http://andonoburo.net/on/6186

平成291213日(水)1630 1800
  第26217-12)済生会新潟第二病院眼科勉強会
 演題:患者になってからの20年をふり返って私が伝えたいこと
 講師:関 恒子(長野県松本市)

平成300110日(水)1630 1800
 第263回(18-01)済生会新潟第二病院眼科勉強会
  演題:ロービジョンケアを始めて分かったこと
  講師:加藤 聡(東京大学眼科准教授;日本ロービジョン学会理事長)

平成30年02月14日(水)16:00 ~ 18:30
 第264回(18-02)済生会新潟第二病院眼科勉強会「ささえ、ささえられて」
 講師:小林 章(日本点字図書館:歩行訓練士)
   :大石華法(日本ケアメイク協会)
   :橋本伸子(白尾眼科:石川県、看護師)
   :上林洋子(盲導犬ユーザー;新潟市)
   :岩崎深雪(盲導犬ユーザー;新潟市)

平成30年03月14日(水)16:00~18:00
  第265回(18-03)済生会新潟第二病院眼科勉強会(最終回)
 演題:これまでのこと、これからのこと
 講師:安藤伸朗(済生会新潟第二病院 眼科医)


**ここまで**

2017年10月31日火曜日

ご案内 11月18日(土)高田馬場にて講演会を行います!「こどもたちのために大人の当事者ができること~視覚障がい児の実際と支援~」

皆様

こんにちは。viwaの奈良です。

今回は11月18日(土)に開催される講演会のご案内です。
視覚障がい児の支援は今後どうあるべきか、私たち当事者が未来のこどもたちにできることは何だろう?ということを一緒に考える機会とできたらと思っております。高田馬場での開催になります。ぜひ、多くの方々の参加をお待ちしております。

なお、この講演会は当事者の方以外でもご参加いただけます。

以下、詳細になります。

皆様、こんにちは。
東京都盲人福祉協会青年部の城谷直人と申します。
盲青年社会生活教室講座のご案内です。
「こどもたちのために大人の当事者ができること~視覚障がい児の実際と支援~」
をテーマに、講演とディスカッションをする講座です。
多くの皆様のご参加をおまちしております。
以下 本文です。

日時   11月18日(土)13:00~15:30
(受付開始12:45~)

場所   東京都盲人福祉協会研修センター2F研修室
     東京都新宿区高田馬場1-9-23
電話03-3208-9001

講師   奈良 里紗
視覚障がい者ライフサポート機構 “viwa" 理事長

テーマ
「こどもたちのために大人の当事者ができること~視覚障がい児の実際と支援~」
講演内容
視覚障がいのある当事者やその家族、視覚障がい関連の仕事に従事されている方々等、
幅広い方々に、より生活に密着した実用的な情報を提供することを目的に
「情報発信」「相談会」「セミナー事業」をされているVIWAの活動の中より
今回は視覚障害児の実際と支援について講演していただき、
当事者だからできる支援について考える機会にしたいと思います。
みなさんとのディスカッションの時間も設定しております。
多くの方の参加をお待ちしております。

参加費 無料

定員   50名
申し込み締切日:11月15日(水)
会場準備の都合により事前申し込みをお願いします。
お申し込みの際に以下の項目をお知らせください。
①お名前  例 城谷直人(しろたになおと)
②居住区  例 東京都江戸川区
③ご家族、友人、ガイドヘルパー等の同行者の有無
例 同行家族2名(本人を除いた人数をお知らせください。)


申込み先 城谷 直人
     090-9015-7708
     pa52437あっとdj8.so-net.ne.jp(あっとの部分を@になおして送信してください。)

会場案内
■公益社団法人 東京都盲人福祉協会 アクセス詳細
●JR・西武線 高田馬場駅をご利用の場合(徒歩10分)
池袋寄りにある早稲田口改札を出たら右へ曲がり、ロータリに出ます。
10時方向に横断歩道がありますので、ロータリを早稲田通りに沿って横断します。
早稲田通りを早稲田方面へ、およそ300メートル直進します。
4つ目の角、龍生堂(りゅうせいどう)薬局と早稲田松竹(わせだしょうちく)の
間の路地を右へ曲がり、突き当たりまで直進します。
突き当たったら点字ブロックに沿って左へ曲がり、坂を上ります。
坂を上りきると突き当たりの手前、右手方向に入口があります。

●東西線 高田馬場駅をご利用の場合(徒歩7分)
西船橋寄りにある改札を出たら、左手方向にある7番出口を出ます。
地上に出たら早稲田通りを右へ曲がり、およそ100メートル直進すると2つ目の角、
龍生堂薬局と早稲田松竹の間の路地を右へ曲がり、突き当たりまで直進します。
突き当たったら点字ブロックに沿って左へ曲がり、坂を上ります。
坂を上りきると突き当たりの手前、右手方向に入口があります。

●副都心線 西早稲田駅をご利用の場合(徒歩5分)
池袋寄りにある改札を出たら、改札の左後方にある2番出口を出ます。
地上に出たら明治通りを左へ曲がり、誘導ブロックに沿って直進します。
2つ目の角、マツダレンタカーとスパゲティ屋の間の路地を左へ曲がり、坂を上り
ます。
坂を上りきったら突き当たりを左へ曲がり、またすぐに右へ曲がります。
およそ3メートル進むと左手方向に入口があります。


以上

viwa shop 三菱電機 しゃべるレンジグリル 活用編 焼き鮭調理

皆様[


viwa事務局です。
視覚障がいのある人にとって使いやすい商品を紹介するコーナー「viwa shop」。
今回、ご紹介するのは三菱電機の「らく楽アシスト」商品の中から「しゃべるレンジグリル」です。

今回は活用編ならぬ料理編ということで、焼き鮭調理体験をご紹介しています。
・焼き鮭を調理する方法
・調理中の音声ガイド
・音量の調整方法
・しゃべる速さ(話速)の調整方法
・説明書いらずの操作性
・高い静音性
・簡単なお手入れ方法
・脱臭機能(焼き魚を調理しても臭いが気にならない!)
・トップクラスの省エネ基準を達成
・何より出来上がったお魚がおいしそう!
等、おいしい焼き鮭ができあがるまでに色々な活用方法をご紹介しています。


視覚障がいがあるとお魚の焼き加減がなかなかわからないんですよね。
このレンジグリルがあれば、レンジでチンでおいしい焼き魚生活が送れますよ♪


この動画でご紹介するレンジグリルの詳細は以下のサイトからご覧になれます。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/rangegrill/product/spec.html

ぜひ、一度ご覧ください。



動画で紹介のあったレンジグリルに関するお問い合わせは以下の電話番号までお願いします。
三菱電機お客さま相談センター フリーダイヤル 0120-139-365


【しゃべるレンジグリル基本操作編】
基本操作編
http://www.viwa.jp/2017/10/viwa-shop.html



過去の紹介動画コンテンツいろいろ

【軽くて使いやすい掃除機の紹介動画】
軽くて使いやすい掃除機 基本操作編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/08/viwa-shop-be-k.html


軽くて使いやすい掃除機 活用編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/09/viwa-shop-be-k.html


軽くて使いやすい掃除機 座談会編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/09/viwa-shop-be-k_24.html



【しゃべるIHクッキングヒーター紹介動画】
しゃべるIHクッキングヒーター 基本操作編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/07/viwa-shop-ih.html


しゃべるIHクッキングヒーター 活用編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/07/viwa-shop-ih_8.html


しゃべるIHクッキングヒーター 座談会編
http://www.viwa.jp/2017/08/viwa-shop-ih.html



【しゃべる炊飯器の紹介動画】
しゃべる炊飯器 基本操作編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/03/viwa-shop-vol.html


しゃべる炊飯器 活用編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/05/viwa-shop.html


しゃべる炊飯器 座談会編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/06/viwa-shop-vol.html



次回は三菱電機しゃべるレンジグリル 活用編 コロッケの再加熱編です。お楽しみに!

viwa 事務局

2017年10月29日日曜日

第27回パパママ会@名古屋でチャレンジド・ヨガ!

皆様

こんにちは。viwaの奈良里紗です。
食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋などなど、皆様にとってはどのような秋でしょうか。

さて、11月のパパママ会はスポーツの秋と出会いの秋を楽しめる企画です♪
私もヨガ、大好きなのですが、視覚障がい者のためのヨガクラスを全国各地で行っているチャレンジド・ヨガの皆様を名古屋にお招きします!
心もカラダもリラックスできるヨガをぜひ体験してみてください☆

それともう1つ!
今回は名古屋市視覚障害協会の盲女性家庭生活訓練事業とのコラボレーション企画です。
地元名古屋にお住まいの視覚障がいの方々と知り合うチャンスでもあります。

ぜひ、この機会をお見逃しなく!!

詳細は以下の通りです。

11月「チャレンジド・ヨガ~視覚障がいの方のヨガ~in 名古屋」
身体にも心にも効果があると言われる人気のヨガ。実際に参加した方々から姿勢や呼吸、普段意識していなかった自分の身体そのものを日常から意識できるようになったなどの効果や、身体以外にも心や考え方も前向き・柔軟になったなどの効果も表れているようです。
何より仲間と出会い一緒に身体を動かす事が楽しい!との感想が多いそうです。ヨガは、たたみ一畳分のスペースで大きな移動を伴わず、安全に体の隅々まで動かす事ができる視覚障がいの方に取り組みやすい運動の一つです。この機会にぜひヨガを体験・挑戦してみませんか?

日時 11月12日(日)午後2時~4時
主催:視覚障がい者ライフサポート機構“viwa”
共催:名古屋市視覚障害協会
会場 北生涯学習センター2F 第1集会室
参加費  500円
定員 15名
※先着順での受付とさせていただきます。
申込締切:10月末日(ただし、定員になり次第、受付を終了します。)
申込:info@viwa.jpまで下記の必要事項を添えてお申し込みください。
1.参加される方全員の氏名(お子様のお名前はフリガナもお願いします。)
2.お子様の年齢
3.携帯電話番号(メールでのやりとりが上手くいかないときに使用します。)
※小学生以上は1人で1枚のヨガマットを使って体験します。
※保護者の方も見学ではなくヨガ体験を一緒に行います。
※乳児さんはパパやママと一緒のマットで行います。赤ちゃんも一緒にできます。
※今回は家族みんなで体験となりますので託児はありません。
※何かご不明なことがありましたらお申し込みの際にご相談ください。

◆持ち物・服装など
1.動きやすい服装(ヨガウェアでなくても全く問題ありません)
 ※ヨガは裸足で行うのをお薦めしていますが、裸足に抵抗がある方は、五本指ソックスをご用意下さい(足裏に滑りとめ付きがお薦めです)。
2.汗ふきタオル
3.水分など
4.着替えなど(着替えのための控室もあります)
 ※ヨガマットは、こちらでご用意いたします。

◆チャレンジド・ヨガとは?
1人の視覚障がいの方のことば「やってみたいな、ヨガ…」をきっかけに、2013年8月、日本初として、視覚障がいの方のヨガ チャレンジド・ヨガがスタートしました。
現在は定期クラスが全国で10クラス開催(埼玉県所沢と上尾、東京都立川と江戸川と足立、神奈川県横須賀と川崎、福島県福島市、宮城県仙台市、兵庫県神戸市)またイベントや勉強会・講演なども開催しています。

<詳しくは下記HPなど>
・チャレンジド・ヨガ公式アクセシビリティホームページ
http://challengedyoga.com/

以上です。

皆様とお会いできることを楽しみにしております。

viwa 奈良里紗