2018年11月14日水曜日

視覚技塾 交流・共同学習と障害理解教育

皆様


viwa事務局です。

今年も残るところあと2か月あまりとなりました。


さて、12月23日(土)は名古屋駅にあるウインクあいちにて、交流・共同学習と障害理解教育について学びませんか?
・弱視学級と親学級の子ども同士の交流はどうやったらうまくいくの?
・見た目ではわかりにくいインビジブルな障害についてこどもたちに理解してもらうにはどうしたらよいのあ?
・特別支援学校と地域の学校との交流の場を設定するにあたり大切なことはどんなこと?
・実際の指導法は?
・そもそも、障害理解教育って何?アイマスク体験とか車いす体験をすること?
などなど、障害のある子どもと障害のない子どもがともに学びあうために必要な教育的関わりにはどのようなものがあるのか、考えていきたいと思います。


ぜひ、お誘いあわせの上、ご参加ください。

- 記 -
テーマ:交流・共同学習と障害理解教育
日時:2018年12月23日(日)10:00-11:30
場所:愛知県産業労働センター ウインクあいち
http://www.winc-aichi.jp/access/
主催:視覚障がい者ライフサポート機構“viwa”
参加費:1000円(会場費、講師交通費等)
定員:40名
※定員になり次第、受付を終了します。
申込:info@viwa.jpへ下記の内容を入力の上、お申し込みください。
件名:視覚技塾 交流・共同学習と障害理解教育
本文:
氏名(漢字とふりがな)
電話番号
所属
事前質問(何か事前に質問があればお書きください)

演者:相羽 大輔 氏(愛知教育大学特別支援教育講座)
見た目ではわかりにくい障害のある子どもたちの交流・共同学習場面での配慮事項や障害理解教育におけるポイントを紹介。

事例紹介:佐藤 愛(愛知教育大学教育学部特別支援学校教員養成課程)
見た目では障害がわかりにくい弱視の子どもが同級生への理解を促すために作成された教材を紹介。

お問い合わせ:info@viwa.jp(担当:奈良まで)

ぜひ、一緒に学びましょう。
viwa事務局

視覚技塾 子どものロービジョンケアの現状と実際~当事者と専門家の立場から~

皆様


viwa事務局です。

今年も残るところあと2か月あまりとなりました。
さて、12月の視覚技塾はこどものロービジョンケアについて取り上げます。

ロービジョンの子どもを持つ保護者から相談を受けてきた経験から、具体的に子どものロービジョンケアではどんなことが課題としてあげられるのかを紹介した後に、
ロービジョンケアに長年携わってきた専門家に子どものロービジョンケアについてご講演いただきます。

特に、専門家の立場で行う家族支援の重要性や子どもの進路を考えるうえでとても重要になる学習メディアの決定の考え方、
思春期を見通した支援の考え方、
以上のことを踏まえた視機能評価が重要であり、それを実際にどのように行っているのか等についてお話を伺う予定です。

大人のロービジョンケアに比べると携わる機会が少ない子どものロービジョンケア。
このセミナーを通じて、皆さんと一緒に学びあうことができたらと思っています。
ぜひ、お誘いあわせの上、ご参加ください。

- 記 -
テーマ:子どものロービジョンケアの現状と実際
日時:2018年12月23日(土)14:00-16:00
場所:愛知県産業労働センター ウインクあいち 1203会議室
http://www.winc-aichi.jp/access/
主催:視覚障がい者ライフサポート機構“viwa”
参加費:1000円(会場費、講師交通費等)
定員:100名
※定員になり次第、受付を終了します。
申込:info@viwa.jpへ下記の内容を入力の上、お申し込みください。
件名:視覚技塾 ロービジョンケアの現状と実際
本文:
氏名(漢字とふりがな)
電話番号
所属
事前質問(何か事前に質問があればお書きください)
プログラム
14:00 開会のあいさつ
14:10-14:40 子どものロービジョンケアの現状と実際~当事者の立場から~
約8年間、ロービジョン児を持つ保護者の支援に携わってきた経験から、子どものロービジョンケアの現状と課題を報告します。
話題提供者:奈良 里紗(視覚障がい者ライフサポート機構“viwa”理事長)
14:40-15:40 子どものロービジョンケアの現状と実際~専門家の立場から~
乳幼児期の家族支援、就学までの学習メディア決定の考え方、思春期を見通した支援、適切な支援につなげるための視機能評価の方法等についてご講演いただきます。
演者:新井 千賀子 (杏林大学医学部付属病院杏林アイセンター)
15:40-16:00 ディスカッション
フロアの皆様と子どものロービジョンケアについて活発な意見交換ができればと思っています。初歩的で今更聞きづらいことも、専門的なことも含めて、議論できたらと思います。
コーディネータ:相羽 大輔 (愛知教育大学特別支援教育講座)
お問い合わせ:info@viwa.jp(担当:奈良まで)


ぜひ、一緒に学びましょう。
viwa事務局

2018年11月13日火曜日

viwa Beauty vol.7-① Nail Le Braille 紹介編


こんにちはviwaの奈良です。

美容やおしゃれに興味のある視覚障がい者に向けた企画『viwa Beauty』。

今回ご紹介するのは、視覚障がい者のおしゃれを応援する出張型ネイルサロンNail Le Braille(ネイルルブライユ)です。

紹介編では、
どのようなサービスがあるのか、料金に関してや、視覚障がい者向けのネイルサロンを始めたきっかけなど、代表の佐藤 優子さんにお伺いしました。

また、こちらのサロンでは、男性向けのサービスもしており、どのようなサービスを受ける事ができるのかもお話しいただきました。

私もNail Le Brailleでネイルをしてもらったことがあります。
その時のネイルは、爪に点字を施してもらう「点字ネイル」でした。
後日、そのネイルをした状態で会った全盲のお子さんが爪上にある点字を読んでくれたり、重複障がいのあるお子さんが爪を目印に私だと認識してくれたり、私自身も白杖を持つ爪がキラキラしていて自然と気持ちが高まりました。


佐藤さんのお話しは動画にてご紹介いたします。
ぜひご覧ください。





下記、店舗詳細です。
店名 : Nail Le Braille
電話番号 : 080-3445-7733(佐藤優子さんに直接繋がります)
URL :https://www.tenjinail.com



次回は、ジェルネイルについてご紹介します!
お楽しみに★



奈良里紗
過去の記事のURLはコチラ
vol.1-① 化粧のこだわりポイント
vol.1-② ファッションのこだわりポイント
vol.2-① 化粧のこだわりポイント
vol.2-② ファッションのこだわりポイント
vol.3-① 化粧のこだわりポイント
vol.3-② ファッションのこだわりポイント
vol.4   ファンケル 使いやすいスキンケアアイテム編
vol.5   ファンケル 使いやすい口紅編
vil.6-① ファンケル セミナー 概要編
vol.6-② ファンケル セミナー 視覚障がい者向けメイクセミナー編

2018年11月3日土曜日

視覚技塾 ファンケルセミナーのご案内

皆様

こんにちは。viwaの奈良里紗です。

みなさんは普段の身だしなみ、どのように整えていますか?

私も日々、気を付けているものの、見えない・見えにくいとなかなか難しい部分もありますよね。

そこで、今回はメイクアップや身だしなみに関するプロであるファンケルの社員さんを講師にお招きしてセミナーを実施します!

ファンケルって化粧品メーカーでしょ?
女性向けセミナーなのでは?
と思われたかもしれませんが、今回は男女同時に身だしなみセミナーを実施します。


男性も女性も第一印象をより良くするためにはどのようにしたらよいか、そのノウハウを教えていただきます。

なんか、難しそう・・・見えない・見えにくいのにそんなことできるのかなぁ?
と思うかもしれません。

でも、大丈夫です!
ファンケルでは、これまで多くの特別支援学校や視覚障がい者を対象としたセミナーの実績があり、こういったセミナーを担当されていた方がレクチャーしてくださいます。
安心してご参加ください。

セミナーがはじまる前のドキドキ感、セミナーが終わったときのみなさんの自信に満ちあふれた表情のbefore afterを見ることが私の密かな楽しみです♪

ぜひ、この機会をお見逃しなく!


- 記 -
テーマ:身だしなみ
講師:株式会社ファンケル CSR推進室 野田 あさ子 様
日時:2018年12月15日(土)10時から12時
場所:愛知県立岡崎盲学校
主催:視覚障がい者ライフサポート機構“viwa”
参加費:学生無料 見学希望者1,000円
対象:視覚に障がいのある中学生・高校生・専攻科生等これから社会にでるフレッシュマン
定員:20名(男女各10名)

※定員になり次第、受付を終了いたします。

申込:info@viwa.jpへ下記の内容を入力の上、お申し込みください。

件名:視覚技塾 ファンケルセミナー参加申込
本文:
氏名(漢字とふりがな)
電話番号
所属
事前質問(何か事前に質問があればお書きください)



お問い合わせ:info@viwa.jp(担当:奈良)

ここでばっちり学んで、クリスマスに備えましょう!


viwa 奈良 里紗


2018年10月29日月曜日

アフタヌーン ロービジョン セミナーのご案内

こんにちは、viwaの二宮です。
今回は、アフタヌーン ロービジョン セミナーのご案内です。

**ここから**
神戸アイライト協会はロービジョン・視覚障害専門相談と視覚障害リハビリテーションに取り組んできました。
その一環のイベントです。ロービジョン・視覚障害専門相談事業(トータルサポート事業)の歩みと現況を報告します。
また鹿児島県の視覚障害リハビリテーションの現況を、ご紹介していただきます。
皆様のご参加をお待ちしています。

行事名 アフタヌーン ロービジョン セミナー
日時 20181020日(土曜)1330分から1630
会場 神戸芸術センター 6階 中会議室
兵庫県神戸市中央区熊内橋通7-1-13
神戸市営地下鉄「新神戸駅」南東へ5
山陽新幹線「新神戸駅」南へ5
阪急「春日野道(かすがのみち)駅」北西へ25
定員 25
参加費 無料

<予定内容>
13
15分 受付開始
13
30分 開会
「ロービジョン・視覚障害専門相談事業
(
トータルサポート事業)の歩みと現況」
ロービジョン専門相談を受けて 増田 和也(ますだ かずや)氏
ロービジョン専門相談と視覚障害リハビリテーション
神戸アイライト協会 森 一成 歩行訓練士

「鹿児島県の視覚障害リハビリテーション」
鹿児島県視聴覚障害者情報センター 歩行訓練士
良久万里子(らく まりこ)氏

神戸アイライト協会・中山記念会館見学(希望者のみ)
16
30分 閉会予定

申込・お問い合わせ
神戸アイライト協会
電話 078-252-1912
メール kela2009eyelight@ac.auone-net.jp
お申し込みの際は、ご氏名、ご所属(または住所地)、連絡先電話番号をお知らせください。


**ここまで**

2018年10月16日火曜日

「週刊朝日」全文音訳版(音声デイジー)製作開始満10年企画作文コンテストのご案内

こんにちは、viwaの二宮です。
今回は、「週刊朝日」全文音訳版(音声デイジー)製作開始満10年企画作文コンテストのご案内です。

**ここから**
「私と週刊朝日」をテーマに作文を募集します
「週刊朝日」全文音訳版(音声デイジー)製作開始満10年企画作文コンテスト
視覚障害者総合支援センターちばでは、2008年4月より、朝日新聞出版発行の「週刊朝日」をほぼ全文音訳し、音声デイジーCDの貸出を開始しました。

それまで36年半にわたり、カセットテープ2巻(120分)の抜粋版を作ってきた歴史があるとはいえ、毎週約10時間超という全文音訳はいちかばちかの挑戦でした。
 試行錯誤を重ねながらの製作でしたが、この春、製作開始からついに満10年となりました。

10年間にCDで利用された方はのべ10万人超。今、サピエ図書館で利用される方は毎週500人以上となっています。
また、製作に携わった音訳ボランティアはのべ6,000人を超えます。皆様の支えあってこその10年間でした。
この場を借りて厚く御礼申し上げます。
今回、いつも愛読されている皆様の想いをぶつけていただきたく、作文コンテストを企画いたしました。どうぞふるってご応募ください。

応募要項
1.応募資格
音声デイジー版「週刊朝日」を利用している視覚障害者等
2.原稿規定
【墨字】1,200字程度 ワープロ、手書き、どちらでもかまいません。用紙自由
【墨字データ】1,200字程度 テキストファイル(.txt)、ワードファイル(.doc.docx

【点字】点字用紙3~4ページ
【点字データ】BASEBESファイル
未発表(Webを含む)の作品にかぎります
著作権は主催者に帰属します
3.応募方法
作文を郵送またはメール添付でお送りください。
郵送の場合は別紙に、メール添付の場合はメール本文に、必ず次のことを明記してください。
 氏名(ふりがな)、年齢、住所、電話番号、メールアドレス
4.締め切り
2018
年10月31日(水)(必着)
5.選考委員
「週刊朝日」編集長 佐藤修史(さとうおさふみ)氏
千葉県立西部図書館 松井進(まついすすむ)氏
視覚障害者総合支援センターちば所長 川崎弘(かわさきひろし)(委員長)
千葉点字図書館音訳会会長 花田利恵(はなだとしえ)
千葉県視覚障害者福祉協会総務課長 石渡(いしわた)きよみ
6.賞
優秀賞 1編 賞状 賞金3万円(または3万円相当の品)
「週刊朝日」編集長賞 賞金1万円
音訳会会長賞 賞金1万円
7.表彰式
2019
年1月5日(土)
アイパートナー千葉チャリティーコンサート席上
(千葉市文化センターアートホール
千葉市中央区中央2-5-1 千葉中央ツインビル2号館)
8.宛先・問い合わせ先
284-0005 千葉県四街道市四街道1-9-3 視覚障害者総合支援センターち

作文コンテスト係
電話 043-424-2501
e-mail
tosho@tisikyo.jp
担当:勝畑(かつはた)・大津(おおつ)


**ここまで**

出会いのためのクリスマスパーティー 開催のご案内

こんにちは、viwaの二宮です。
今回は、出会いのためのクリスマスパーティー 開催のご案内です。

**ここから**
圧迫感のある猛暑から解放されたと思ったら?あっと言う間に肌寒くなり身体も心も冷え込む冷たい冬の到来も近いです!!
そこで、私たちみぃな&みわが中心となって心がホッコリ?・ドキドキ?
しちゃうような「出会いのためのクリスマスパーティー」を企画しました。

ほんの数時間の間に「この人がいい!」と感じるのは難しいけれど
お互いに出会って、知り合って、歩み寄ってそんな時間の始まりの一歩になることを願っています
今回は40~50代の男性にご参加いただき、そんな大人な男性との出会いを希望する女性に集まっていただきたいと思っています。
また、障害のある方も、ない方も自分の中のバリアを取って、まずは出会ってみませんか?
そして、遠方からの参加も大歓迎です。
このパーティー案内は転送OKです。
年末のひととき。出会いのためのクリスマスパーティーを一緒に楽しみましょう

日時
2018年12月15日(土)
13時30分~16時30分
受付開始 13時10分

待ち合わせ
JR
池袋駅・中央改札前 12時45分
スタッフが会場までご案内します。

会場
アットビジネスセンター池袋駅前別館 403号室 住所東京都豊島区東池袋14伊藤ビル 4階
アクセスマップ
http://abc-kaigishitsu.com/ikebukuro/bekkan_access.html

池袋駅徒歩1分。別館と本館は別の建物になりますのでご注意ください。

募集人数・参加費
男性 10人程度 各10,000
女性 10人程度 各5,000

服装
ご自身が一番ステキに感じている服装

持ち物
3,000
円程度のクリスマスプレゼント
詳細は参加者にお知らせします。

主な内容
自己PR、軽食、フリートーク、プレゼント交換など

男性の参加条件
1. 40代~50代
2. 年収400万円以上
3. 現在一人暮らしで、自活している独身男性

女性の参加条件
以上の条件の男性との出会いを望む独身女性

主催
みぃな(早川美奈子)、みわ(前西原美和)
協力 仲人れい子(榎戸礼子)
(公式ブログURL→http://www.nakoudoreiko.jp/


参加を希望される方は、2018年11月10日までに以下をメールでお知らせください。
こちらから折り返し、ご連絡させていただきます。


1
. 氏名(フリガナ)
2
. 性別
3
. 生年月日・年齢
4
. お住まいの都道府県
5.  
障害の有無
6
. 職業
7
. 電話番号
8
. メールアドレス

申し込み・問い合わせ先

アドレス(早川美奈子): minakopan@yahoo.co.jp
携帯(榎戸礼子):090‐4969‐9273

参加者の個人情報は今回のパーティーのためだけに使用させていただきます。
パーティー後のトラブルに関しては、みぃな&みわでは責任を負いかねますので、自己責任でお願いします。


**ここまで**