2020年1月11日土曜日

ZoomText とスクリーンリーダーの相性

皆様


こんにちは。viwaの奈良里紗です。

突然ですが、皆さんはパソコン、どのように使っていますか?
ここ数か月の私の悩みの種、それはパソコンの動きが悪いことです。
博士課程入学のときに購入したデスクトップパソコンが博士論文を提出した後に
うんともすんともいわなくなってしまいました。
ここまで8年間、本当によく頑張ってくれた!笑
それは感謝感謝なのです。

私はZoomTextという拡大ソフトとPC-Talkerという音声読み上げソフトを使ってパソコンを使っていました。
壊れる前のパソコンは多少動きが悪くなることはあっても、そこまでストレスを感じることなく作業ができていました。
ところが、新しいデスクトップパソコンは、ZoomTextとPC-Talkerを入れた状態ではほとんど動きません。
動きませんというのはどういうことかというと、

例えば、メールを書いていると本文を書いている途中でフリーズしてしまい、メール1通書くことすらできないという悲しい状況でした。
そこでやむなく、PC-Talkerをアンインストールしました。
ときには、ZoomTextも使わず、windowsに標準搭載されている拡大鏡のみで対応する時期もありました。
拡大鏡でも見えないことはないのですが、ZoomTextと比べると眼の疲労感が全く違います。

一日中、パソコン作業をする私にとっては、見やすい環境を整えることができないのは日常生活の質にも影響を及ぼします。
色々な人に相談をして、
ウィルスソフトをアンインストールしてみたり、
最適化がしっかり行われているか確認してみたり、
スタートアプリで負担が大きいものを削除してみたりしました。
結論としては、当初、購入したときは、8GBだったメモリを32GBに増設しました。

新しいパソコンを購入するときには、当然、音声読み上げソフトや拡大ソフトがうまく機能するようにパソコンの推奨スペックを調べます。
調べた上で8GBにしたのですが、ZoomTextだけとか、PCTtalkerだけを使うのであればよかったのですが、これらを併用するとなると最低でも16GBはあったほうがよいのだそうです。
さらに、私の場合は、輝度反転をしたり、同時に、複数のワードやエクセル、パワーポイントのファイルを参照しながら作業をするということを考えると、16GBでも厳しいかもということでした。
32GBにして、確かに、フリーズしたり、再起動したりといった不具合はおきていません。
ZoomTextだけなら快適に動いています。
PC-talkerはこれからインストールするのでどうなるかな?
PC-Talkerは、大学に入ったときに先輩が教えてくれてそれ以降使っていますが、Outlookの読み上げはあまりしてくれなかったり、Internet Exploreとの相性が悪かったりと使いづらいところもあります。もちろん、私の使い方が未熟なだけかのかもしれません。

最近は、NVDAも使いやすいという噂をよく聞くので新たな音声読み上げソフトに挑戦してみてもよいかなとも思っています。
ただ、また、いちからショートカットキーを覚えるとなるとちょっと億劫になってしまう自分もいたりしますが。
さらに、windowsではなく、macのパソコンにするというのもありですよね。
macの良いところは音声読み上げソフトやら拡大ソフトやらとあとで入れる必要はなく、デフォルトでこれらの機能が入っているところ。
iphoneやipadでVoiceoverの使い方は慣れているからmacでもできるような気はしますが、慣れ親しんだwindowsから乗り換えるのはこれまた億劫でして。苦笑

皆さんはどんな環境でパソコンを快適に使っていますか?
こういうふうに使っているよ!
こういうところが私も使いづらくて困っている
などなど、また、ぜひ、情報を共有してくださいね。


viwa 奈良里紗

2020年1月2日木曜日

2020年☆新年のご挨拶

皆様


明けましておめでとうございます。
viwaの奈良里紗です。

今年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催されますね。
皆様の身近でも徐々に盛り上がっていますか?
私の周りでは、
オリンピックの聖火ランナーに選ばれました!
という嬉しいニュースも。

オリンピックのチケットが当選した!
という方はまだおりません。なかなかの倍率のようですね。

2020年、皆様にとって素敵な一年になることを心から願っております。

そして、去年も多くの方々に活動に参加していただきました。
改めて、心より御礼申し上げます。

愛知県でのパパママ会も4年目を迎えました。
前半は、弱視者問題研究会や名古屋市視覚障害協会といった当事者団体の方々にご協力をいただき、今まさに、どのように社会で生きているのか伺うことができました。

特に、地元名古屋の当事者団体である名古屋市視覚障害協会の皆様にご参加いただけたことは大変うれしいご縁でした。

そして、秋には去年に引き続き1泊2日のキャンプを開催しました。
「本物の体験をプレゼントしたい」
という思いのこもった素敵なイベントになり、参加者の子どもたちからは、今でも
「今度はキャンプいつやるの?」
とリクエストがあがっています。
子どもの「心」に残る活動ができたことは、何よりもの成果だと思っています。

後半戦では、見え方の専門家をお招きしたり、先輩ママさんをお招きしたり、どちらも大変充実したプログラムでした。

また、12月のパパママ会では、愛知教育大学の学生が一生懸命考えたクリスマスをテーマにした制作も行いました。
去年はパパママ会の運営に保護者自らが主体的に関わってくださり、実り多き一年となりました。

2020年も色々なパパママとの出会い、先生方との出会い、学生との出会い、そして、当事者の皆様との出会い、一つひとつの出会いや繋がりを大切にしていきたいと思っています。

viwaが誕生したのが2010年7月10日。
まさか、10年もこうやって続けていけるとは思ってもいませんでした。

そして、10年というと、とても長い時間だと思っていました。
ところが、過ぎてしまえばあっという間の10年間。
設立当初から変わらず、活動に参加してくれるメンバーには感謝してもしきれません。

特に、メルマガを10年間配信し続けることができているのはスタッフの協力なしにはなしえなかったことだと思っています。

想いが集まり、想いに育まれ、想いによって実現できる、そんな夢あふれる場をこれからも作っていきたいと思っています。
今年もどうぞよろしくお願いします。


viwa 奈良 里紗

第44回パパママ会に参加して

皆様


こんにちは。viwaの奈良です。

今回は12月21日のパパママ会に参加した保護者の方からの感想をご紹介します。
やっぱり、先輩ママからのリアルな子育て経験談はみんなの心に響いたようです。
まだ、パパママ会に参加したことはないけど、興味はあるなという方、ぜひ、参加者からの声を参考にしてみてくださいね。

**ここから感想文
パパママ会には、何度か参加していますが、視覚障害のお子さんを持つ先輩ママさんが講師だったのは初めてでした。
視覚障害を持つ当事者の方からのお話は、将来、子どもがどのように生きていくのだろうと想像できない私自身にさまざまな道がある事を気づかせてくれ大変参考になりました。ただ、視覚障害を持つ子どもの子育てをしていると卒業や入学など人生の節目が喜ばしい気持ちよりも不安に思う気持ちの方が強く、まだ起きてもいない事に心配したりと心の底から喜べる心境になれないのが現実です。だからこそ、今回、大学生のお子さんがいらっしゃる先輩ママさんに出会えた事で私自身の気持ちが、前向きに変わる事ができました。
今回、一番印象的だったのは、絵本の動画に何度か出てきた「大丈夫」という言葉でした。多分、眼科の主治医や学校の先生、第三者から「大丈夫」と言われてもあまり心に響かなかったと思います。なぜ、心に響いたのか。やはり、同じように視覚障害を持つ子どもを育て、自分自身よりも子育てで先を行く方からの言葉だったからだと思います。
講師の野澤みゆきさんに出会えた事で、子どもが毎日、笑顔でいられるような子育て、子どもの重荷にならないサポートを軸に子どもと共に成長していきたいという気持ちを強く持つ事ができました。
**感想ここまで

パパママ会に参加したいけど、なかなか遠方で参加できないという方もいるかと思います。
現在、パパママ会のLINEグループがあります。
親同士のつながりをつくりたいという方はぜひinfo@viwa.jpまでご連絡ください。

それでは、次回もお楽しみに。


viwa 奈良里紗

掃除機をかけるときのコツ

皆様
こんにちは。viwaの奈良里紗です。

今回は掃除機をかけるときのコツについてご紹介します。
viwaでも三菱電機の掃除機を以前ご紹介しましたが、本当に色々な種類の掃除機がありますよね。
(参考:viwaで紹介した三菱電機の掃除機の動画 http://www.viwa.jp/2017/08/viwa-shop-be-k.html

皆さんは普段、どんな掃除機を宇t勝手いますか?
私は一人暮らしをしていたころは、マキタのコードレス掃除機を使っていました。
参考:マキタのコードレス掃除機



マキタの掃除機は、価格がリーズナブルで、吸引力もあり、使いやすいです。
ゴミ捨てのやり方も比較的簡単ですし、今回の掃除でどのぐらいゴミがとれたのかさわってわかるので便利でした。
ところが、家族をもち、部屋数も増えて、掃除する場所も増えたことに伴い、マキタの掃除機だとバッテリーがもたなくなってきました。

そこで、ダイソンの掃除機に買い替えたのです。
マキタに比べると、重たいし、階段を上っておりてと掃除するにはちょっと大変ですが、コード式なので、最初から最後までかわらぬパフォーマンスを発揮してくれるところはよいですね。

毎回のごみ捨ても、手先が不器用な私にとっては、マキタのほうが扱いやすかったですが、コツを覚えてしまえば、ダイソンでも大丈夫です。
ダイソンの大変なところは、見えにくいことで、ビニール袋なんかを誤って吸ってしまったとき・・・
掃除機さんからいかにも苦しそうな音がして、もちろん、すぐにでも救出してあげたいのですが、ダイソンさまの素晴らしい吸引力でかなり奥までビニール袋が入ってしまい、取り出すのに一苦労なんてこともありました。
パーツはマキタより複雑にできているため、お手入れはダイソンのほうが大変です。

さて、何やら本題からそれて製品紹介みたいになってしまいましたが(笑)
弱視の私が掃除機をかけるときのコツを紹介しますね。

結論から申し上げますと
裸足で行うことです。
冬の寒い時期はなかなかの苦行ですが(笑)
靴下をはいた状態だと、掃除機をかける前後の変化を感じることができません。
見える人は掃除機をかけて、部屋がきれいになったという印象を見て確認するのだと思うのですが、私の場合はこれを足の裏でやっているのだと思います。
もちろん、手触りもかわりますが、基本的に掃除をするところは、床なので、足裏できれいになったかどうかを感じ取っています。
寒い時期はスリッパをはいたり、室内用のブーツをはいたりしているので、うっかり、掃除機をかけるときに裸足になり忘れてしまうと、何やら違和感を感じます。
ほかにも、同じ場所を2往復ぐらいゆっくりかけて、できるだけかけ残しがないように気を付けていますが、やっぱり、私は裸足で掃除機をかけるのが重要だなって感じています。笑

ちなみに、我が家には述べ500人以上のヘルパーさんが出入りしていると思います。
色々なヘルパーさんと出会う中で私自身掃除機についての気づきがあります。
同じ掃除機で同じ場所をかけているにも関わらず、5分で終わる人と30分かかる人がいます。
同じ掃除機を使っているのに、足裏での感触がとてもきれいになったと感じる人と、掃除機をかけた前後で変化がみられない人がいます。
ヘルパーさんが掃除機をかけている様子をまじまじと観察しているわけではないので、何が原因なのかいまだにわかりませんが(苦笑)
掃除機をかけるという家事一つとっても、上手にこなすためのコツがあるのだろうなと思っています。

読者の皆さんも、きっと、ふりかえってみると自分なりの工夫があったりするのではないでしょうか。
ぜひ、みなさんの工夫もお聞かせくださいね。
こんな工夫をしているよ!あるいは、見えない・見えにくくてこんなところが困っているよ!等ありましたら、info@viwa.jpまでお知らせください。

key words 掃除機 弱視 ロービジョン ヘルパー 家事
viwa 奈良里紗

2019年12月10日火曜日

第44回パパママ会@名古屋盲学校 44th Father Mother Gathering @Nagoya School for the Blind

Please scroll down for information in English.  (Translations by viwa Staff Sato)                   
皆様

こんにちは。viwaの奈良里紗です。

今年のサンタクロースはどんなプレゼントをもってきてくれるのか楽しみな時期になりましたね。
さて、2020年最初のパパママ会は、社会で生き生き活躍されている弱視の当事者の方をお招きします。
ご自身も弱視で、盲学校で教員をされています。
当事者目線でのお話も聞けますし、実際に、視覚障害児を盲学校で指導する目線でのお話も伺えると思います。
ぜひ、新年最初のパパママ会、ご家族そろっていらしてください☆

- 記 -
テーマ:将来を見据えた育児―自立って何だろう?-
        
講師 片平 考美 氏

講師プロフィール
1984年生まれ(35歳)
公立保育園、私立小、公立小、盲学小学部を経験。
常葉大学付属の中高一貫校を経て、常葉大学教育学部に進学。
教職歴
平成19年 静岡県教員に採用
平成24年 静岡市立南部小学校転勤
平成27年  静岡視覚特別支援学校
平成30年  同校 研修課長
当事者団体活動職
日本視覚障害者団体評議委員
同連合青年協議会常任委員
同スポーツ協議会常任委員
同視覚障害教育のあり方に関する実態調査検討委員
同弱視問題対策部会委員
静岡県視覚障害者協会監事
同青年部
NPO法人ビアライフしずおか理事
日時:2020年1月18日(土)13時?15時

主催:視覚障がい者ライフサポート機構“viwa” http://www.viwa.jp
場所:愛知県立名古屋盲学校

参加費:1家族 1,000円
※名古屋市視覚障害協会会員 500円
(お申し込み時に会員である旨、お知らせください)
定員:10家族

対象:見えにくいこと等の視覚に関することでお困りのご家族

※乳幼児限定の会ではありませんので乳幼児から小学生、中学生、高校生、大学生等の参加も歓迎致します)
お申込方法:下記、URLよりお申込みください。
https://forms.gle/AyYsyLxZPzUsRBVA6
お問い合わせ先:viwa事務局(info@viwa.jp)F
なお、本事業は東海テレビ様、愛盲報恩会様の助成を受けて実施されています。

皆様とお会いできることを楽しみにしております。

viwa 奈良里紗  


Hello everyone,
This is Risa Nara from viwa
It is the time of year in where we are very eager to see what kind of presents Santa Claus will bring for us.
For our first guest speaker in 2020 for the Father-Mother Gathering, we will invite a very energetic individual who is working energetically in society.
Our speaker also has low vision and works as a teacher for a school for the Blind.
We will be able to hear lectures from an individual who has a vision loss and will be able to hear what it is like to work with children at a school for the blind.
Please come to the first Father-Mother Gathering of the year with your family☆

Theme: Parenting and looking into the future: What is being Independent?
Guest Speaker: Ms. Chikami Katahira
Profile
Background
Born in 1984 and now 35 years old.
Graduated from a public pre-school, a private elementary school, and a school for the Blind.
Attended a school with both a junior high school and a high school. Majored in Education at University.

<Teaching Experience>
2007 Employed as a teacher from Shizuoka Prefecture.
2012 Transfer to a public elementary  school within Shizuoka prefecture.
2015  Work at a school for the Blind in Shizuoka Prefecture.
2018 Leader for  Training Courses at School for the Blind.
Appointed as executive at several groups run by those with vision loss. 

Date/Time:Saturday January 18th 2020 1pm-3pm
Hosted by: Viwa http://www.viwa.jp
Place:Nagoya City School for the Blind

Fee:1,000 yen/family
※Those who are members of the Nagoya City Visual Impairment Committee 500 yen
(Please let us know if you are a member upon registration)
Number of Families:10 Families

Participants:Families who are having difficulty with vision related problems

※This group is open to individuals from pre-school through college. It is not an event just for newborns and toddlers.
Registration:Pleases register using the below URL
https://forms.gle/AyYsyLxZPzUsRBVA6
Contact Information:viwa Board(info@viwa.jp)
This event is being run by funds by Tokai TV, and Aimouhouonkai.

We hope to see you at the event!

viwa Risa Nara                 
  
                   

視覚技塾 弱視児の読み指導の実践 Seminar Series for Experts Teaching reading abilities to children with low vision.

Please check the English information below (Translated and brought to you by viwa Staff Sato)

皆様


viwa事務局です。
2020年最初の資格技塾は弱視児の読み指導の実践について取り上げます。
ご自身も弱視で、かつ、盲学校で弱視児の指導にあたっている先生をお招きしてお話を伺います。
ぜひ、この機会に一緒に学びましょう。

― 記 -
テーマ:弱視児の読み指導の実践
講師 片平 考美 氏
講師プロフィール
1984年生まれ(35歳)
公立保育園、私立小、公立小、盲学小学部を経験。
常葉大学付属の中高一貫校を経て、常葉大学教育学部に進学。
教職歴
平成19年 静岡県教員に採用
平成24年 静岡市立南部小学校転勤
平成27年  静岡視覚特別支援学校
平成30年  同校 研修課長
当事者団体活動職
日本視覚障害者団体評議委員
同連合青年協議会常任委員
同スポーツ協議会常任委員
同視覚障害教育のあり方に関する実態調査検討委員
同弱視問題対策部会委員
静岡県視覚障害者協会監事
同青年部
NPO法人ビアライフしずおか理事

日時:2020年1月18日(土)10時~12時
主催:視覚障がい者ライフサポート機構“viwa” http://www.viwa.jp
場所:愛知県立名古屋盲学校
参加費:1000円(講師及びボランティア交通費等)
※名古屋市視覚障害者協会会員 500円

(お申し込み時に会員である旨、お知らせください。)
定員:20名
※定員になり次第、受付を終了します。
申込:以下のリンクよりお申込みください。
https://forms.gle/AyYsyLxZPzUsRBVA6
お問合せ:info@viwa.jp(事務局)

ぜひ、一緒に学びましょう。

viwa事務局

Hello,

This is the Viwa Board.
The first series for the 2020-year Seminar Series is Teaching reading abilities to children with low vision.
We will have a guest speaker who also has low vision and is teaching children who have vision loss.
Let's use this opportunity and learn together.

***
Theme: Techniques for teaching reading abilities to children with low vision
Guest Lecturer: Chikamii Katahira
Profile
Guest Speaker: Ms. Komi Katahira
Profile
Background
Born in 1984 and now 35 years old.
Graduated from a public pre-school, a private elementary school, and a school for the Blind.
Attended a school with both a junior high school and a high school. Majored in Education at University.

<Teaching Experience>
2007 Employed as a teacher from Shizuoka Prefecture.
2012 Transfer to a public elementary school within Shizuoka prefecture.
2015 Work at a school for the Blind in Shizuoka Prefecture.
2018 Leader for Training Courses at School for the Blind.
Appointed as executive at several groups run by those with vision loss. 

Date/Time Saturday January 18th 10am~12pm
Hosted By:viwa  http://www.viwa.jp
Place: Nagoya City School for the Blind
Fee:1000yen(The fee will be used to cover travel expenses for guest speakers and volunteers)
※Members of Nagoya City Vision Loss Federation 500 yen.

(Please let us know if you are a member upon registering.)
Maximum number of attendees:20 people
※We will close registration once the number has been reached.
Registeration: Please register from the link below:
https://forms.gle/AyYsyLxZPzUsRBVA6
Please direct questions below:info@viwa.jp(事務局)

We hope to learn together.

viwa Board

2019年11月29日金曜日

視覚技塾 専門家と保護者との協働  Seminar Series for Experts Helping Professionals and Families to work together

<English follows Japanese.>
皆様

viwa事務局です。

2019年最後の視覚技塾は、専門家と保護者との協働について取り上げます。

視覚障害児の豊かな学びを育むためには、学校と家庭との連携がとても重要といわれていますよね。

でも、実際に、どんなふうに協働していくんだろう?とイメージがわかないこともよくありますよね?

それもそのはず。
例えば、担任の先生と保護者がどのように協働しているのかは、そこに関わっている人しかわからないことですから。

今回はそんな協働の仕方を保護者目線でとらえたお話をしていただこうと思っています。

子育ての体験を素敵な絵本にもまとめられています。

ぜひ、この機会に一緒に学びましょう。


-- 記 --
テーマ:専門家と保護者との協働

講師 野澤 みゆき 氏

講師プロフィール

大丈夫は魔法の言葉♪ 
全盲児を育てた母がおくる、今だからこそ伝えられること。
孤育て(こそだて)中のママに笑顔になってほしい!そんな想いで書きました。
こそだてに悩み、つまずきを感じている貴女、これからママになる貴女、世の中のパパたち、すべての方の心がほっこり温かくなりますように!
同じ想いを思った人の手から手へとつながっていくことができれば、きっと必要としている方の手元に届くと信じて。
インターネットでの販売のみのこの絵本、書店に並ばないからこそ寄贈プロジェクトが誕生。
皆様の想いが一つになって、目標を達成することが出来ました。
ありがとうございました。
今後もたくさんの方に読んでいただけますように!
広がっていきますように!!


【軌跡】
2001年:とんぼ玉を独学で始める
2012年:視覚障がい児サポートらんどまーく 誕生
2016年:ありがとうを超える感謝の気持ちを伝えるすべがないことに気付き、以前から手掛けてきた万華鏡アートの表現によってその気持ちを伝えようと、表紙背景「たからもの」を描く

2017年:本の出版を考え始める。
    宮崎県の似顔絵師、タニカワみおさんのクラウドファンディングと出会う。
2018年:返礼品として世界で1冊の絵本が誕生。これを世の中に誕生させることを決意する。
2019年:いしだえほんより出版が決定。同時に、想いのリレー「寄贈プロジェクト」を開始する。
 全国盲学校(67校)山梨県内支援学校、子育て支援センター、保育園、幼稚園、小学校、山梨県立図書館等 図書館、国立成育医療研究センター等 病院、などへ寄贈(計 約100冊)
 YouTubeに読み聞かせ動画がアップされる。
 https://www.youtube.com/watch?v=2kUCXCf7kjA

 山梨県立大学、山梨県視覚障害を考える会、山梨市「今ここにある幸せ」、川越市にて絵本の朗読会等、絵本の朗読や、講演会に登壇。
 週刊女性「人間ドキュメント」に掲載


*絵本のご購入は「いしだえほん」https://p-books.jp/ehons/ehon/bn0117/ 
または「Amazon」からもご購入いただけます。

                                          

視覚障がい児サポート  らんどまーく 代表 
笑顔を招くアーティスト 色伝師R 乃和 代表            
のざわみゆき 
 
E-mail nowa628@icloud.com
TEL:080(5188)0992

日時:2019年12月21日(土)10時~12時

主催:視覚障がい者ライフサポート機構“viwa” http://www.viwa.jp

場所:愛知県立名古屋盲学校

参加費:1,000円(講師及びボランティア交通費等)

※名古屋市視覚障害者協会会員 500円
(お申し込み時に会員である旨、お知らせください。)

定員:20名
Maximum number of attendees: 20 people
※定員になり次第、受付を終了します。

申込:以下のリンクよりお申込みください。
https://forms.gle/AyYsyLxZPzUsRBVA6

お問合せ:info@viwa.jp(事務局)

ぜひ、一緒に学びましょう。


viwa事務局





Hello,

This is the viwa Board.

The last seminar series for 2019 will focus on Helping Professionals and Families work together

In order for a child with a visual impairment to thrive at work, it is essential for schools and families to work together.

It is however, very difficult to imagine how to work together.

For instance, only teachers and families who are raising the child know how to work together

At this event, we will have a mother who will talk about bridging the gap between schools and families.

She has also authored a picture book on raising a child with visual impairments.

Let’s use this opportunity and learn together.


*****-
Theme Helping professionals and families work together

Lecturer Miyuki Nozawa


                            
President of Landmark A group to support children who have visual impairment
          
Ms. Miyuki Nozawa
Mail:nowa628@icloud.com  
TEL:080(5188)0992


Date: Saturday, December 21, 2019
Time:10 AM to 12 PM

Hosted by: viwa
http://www.viwa.jp

place:Aichi Prefecture Nagoya school for the Blind


Fee: 1000 yen (this fee will be used to cover expenses for the lecturer and volunteers)

Admission fee will be 500 yen for Nogoya city federation for individuals with visual impairment
(Please let us know if you remember upon registration)

Maximum number of attendees: 20 people

We will close registration when the number has been reached. Please register from the below link
https://forms.gle/AyYsyLxZPzUsRBVA6


Contact us using the email above f or further information or questions

we hope to learn with you at the event.



Viwa administration