2017年12月13日水曜日

「第23回スキー・フォー・ライトジャパン」のご案内

こんにちは、viwaの二宮です。
今回は、「第23回スキー・フォー・ライトジャパン」の案内です。

**ここから**

~視覚障害者クロスカントリースキープログラム~
スキー・フォー・ライトジャパンでは、視覚障害者と晴眼者が1対1で福島県裏磐梯の美しい自然の中を、のんびりと鳥の声や小川の音、時には吹雪の音も聞きながら、クロスカントリースキーを楽しみます。
時々軽い起伏はありますが、「トラック」という溝の中に板を入れて、滑り(歩き)ます。スキーの経験がなくても大丈夫です。
晴眼者は視覚障害者が安全にスキーを楽しむために視覚的な情報を提供する必要はありますが、ボランティアとしてではなく、視覚障害者といっしょに雪・会話・自然を楽しむパートナーとして参加しています。
スキーの他にカマクラを作ったり、雪合戦をしたりパートナー同士で時間を楽しみます。夜はゲーム大会をしたり、交流会をします。

宿泊施設の目の前が、すぐにコースになっています。部屋は3人か4人部屋です。お風呂には大浴場があり、露天風呂(温泉)もあります。
クロスカントリースキー用具一式はレンタルです。参加費に入っています。

スキーウェアも持っていなければレンタルが可能です。
裏磐梯までは東京から往復貸し切りバスを利用できます。
基本的にツアーの会社が準備するものではなく、みんなで協力してみんなで楽しむタイプのイベントです。

日程:201816()8(月・祝)
場所: 福島県休暇村裏磐梯クロスカントリースキーコース
宿泊場所: 休暇村裏磐梯住所: 福島県耶麻郡北塩原村檜原電話番号: 0241-32-2421

http://www.qkamura.or.jp/bandai/

スケジュール(予定):
1
6()
7:45
貸切バス利用者JR駒込駅巣鴨寄り改札集合休暇村到着
バスの中にて昼食/スキーあわせ/クロスカントリースキー/ミーティング/夕食/交流会
1
7()
朝食/クロスカントリースキー/昼食/申告タイムレース/ミーティング/夕食/交流会
1
8(月・祝)
朝食/クロスカントリースキー/昼食/閉会式/貸切バス出発
19:00
頃池袋駅到着
参加費:一般:31,000円/学生:26,000
貸切バス(往復):一般:11,000円/学生:6,000
募集人数:若干名
申込み期限が128日(金)ですので、関心のある方は、まずはメールでお問い合わせください。申込書や詳しい内容等の書類を、添付ファイルで送ります。申込者多数の場合は先着順とさせていただきます。

メールの宛先

sflj@bbcj.org


**ここまで**

viwa shop 三菱電機 らく楽アシスト&大人家電について

皆様

viwa事務局です。

視覚障がいのある人にとって使いやすい商品を紹介するコーナー「viwa shop」。
今回の動画では、これまで三菱電機の様々な商品を紹介してきましたが、
そもそも、どのようにしてこのような私たち視覚障がい者にとっても使いやすい商品が生まれるに至ったのかご紹介いただいています。


viwaがサイトワールドで初めて出会ったときもそうだったのですが、三菱電機のブースでは、営業担当の方だけではなく、デザイナーや設計を担当している方々が商品について説明をしてくださいます。

らく楽アシストというユニバーサルデザインや省エネに配慮された考え方や一人暮らし、二人暮らしの高齢者むけに人生を豊かにしてくれる家電開発もされているということ。
色々なコンセプトが重なりあって、三菱電機から素敵な家電が生み出されているんだなぁと思いました。
ぜひ、一度ご覧ください。



動画で紹介のあったレンジグリルに関するお問い合わせは以下の電話番号までお願いします。
三菱電機お客さま相談センター フリーダイヤル 0120-139-365
【しゃべるレンジグリル基本操作編】
基本操作編
http://www.viwa.jp/2017/10/viwa-shop.html

活用編 焼き鮭調理
http://www.viwa.jp/2017/10/viwa-shop_31.html

活用編 コロッケの再加熱
http://www.viwa.jp/2017/11/viwa-shop.html

座談会編
http://www.viwa.jp/2017/11/viwa-shop_29.html


過去の紹介動画コンテンツいろいろ
【軽くて使いやすい掃除機の紹介動画】
軽くて使いやすい掃除機 基本操作編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/08/viwa-shop-be-k.html

軽くて使いやすい掃除機 活用編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/09/viwa-shop-be-k.html

軽くて使いやすい掃除機 座談会編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/09/viwa-shop-be-k_24.html

【しゃべるIHクッキングヒーター紹介動画】
しゃべるIHクッキングヒーター 基本操作編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/07/viwa-shop-ih.html

しゃべるIHクッキングヒーター 活用編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/07/viwa-shop-ih_8.html


【しゃべる炊飯器の紹介動画】
しゃべる炊飯器 基本操作編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/03/viwa-shop-vol.html

しゃべる炊飯器 活用編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/05/viwa-shop.html

しゃべる炊飯器 座談会編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/06/viwa-shop-vol.html



次回もお楽しみに。
viwa 事務局

2017年12月10日日曜日

日盲連 声のひろばのご案内

こんにちは、viwaの二宮です。
今回は、日盲連 声のひろばのご案内です。

**ここから**

【日盲連 声のひろばURL
http://nichimou.org/magazine-tape/voice/
(※
音声直リンク)
http://nichimou.org/wp-content/uploads/2017/11/koehiro2912.mp3

12月号の目次】
はじめに~江戸っ子は五月の鯉の吹き流し&内容紹介~
1.
【支えられる側の人たちを、支える側の人たちに】研究・治療・リハビリを集約した神戸アイセンター病院、121日ついに開院!!
2.
あはき等法制定から70周年、過去・現在、そして未来へ
3.
【話題最前線】高田馬場に『新名所』誕生!?さぁ、金曜日・土曜日はみんなで"ふれる博物館"に行こう!!
パネリストたちのアフタートーク
4.
日盲連用具ステーション
5.
言葉の船出
おわりに~ボトルメールは情報の海を越えて~

【内容紹介】
1.
【支えられる側の人たちを、支える側の人たちに】研究・治療・リハビリを集約した神戸アイセンター病院、121日ついに開院!!
 日盲連が平成28年度に実施した「読み書きが困難な弱視(ロービジョン)者の支援の在り方に関する調査研究事業-報告書-」でも提言されたことですが、ロービジョンの支援として大きな役割を担うのが眼科病院です。
 であるならば、もしも眼科病院が最先端の高度医療の技術を有し、ロービジョンケア・リハビリなどのノウハウを兼ね備え、支援機関や団体へのハブ機能を担うことができれば、患者の皆様にとってどれだけ救いの存在となり、その多くの未来に希望の明かりを灯すことができるでしょうかそのもしもが、121日、日本初となる研究・治療・リハビリのすべてを集約した眼科専門病院「神戸市立神戸アイセンター病院」が開院したことにより実現しました。
 出演は、アイセンター病院の運営に深く関わる公益社団法人NEXT VISION COOの三宅琢さんです。

「病院という形を変えた病院」と自信を見せる三宅先生。眼科医療の最前線をお伝えします!!

(※
音声直リンク)
http://nichimou.org/wp-content/uploads/2017/11/koehiro2912_0002.mp3


3.
【話題最前線】高田馬場に『新名所』誕生!?さぁ、金曜日・土曜日はみんなで"ふれる博物館"に行こう!!

 《おいでよ!一歩踏み込めば、そこはワクワクいっぱいふれる世界!!

 視覚障害者を支援する団体や企業などが集中し、当事者の皆様にも馴染み深い街、それが高田馬場です。馬場村塾のように、有志の皆様が集い活発に活動しているのも馬場の特徴でもあり魅力ですよね。
 そんな東京都で一番視覚障害者が元気な街と言っても過言ではない高田馬場に、新名所が誕生したという噂をキャッチした日盲連情報部。真偽を確かめに、高田馬場2丁目アイ・ブライト2Fにある"ふれる博物館"にお邪魔してきました。
 一歩踏み込めば、そこには夢の世界が広がります。美術品や全国にある12の名城の模型(こちらはプレオープン企画とのこと)、点字タイプライターや点字器、はたまた日本点字図書館の創立者 本間一夫先生が海外で見つけ た便利グッズの数々など、そこには歴史的にも価値の高い品々が収蔵されていました。

 出演は、社会福祉法人日本点字図書館 常務理事 伊藤宣真さんと小野俊己さんです。

高田馬場で初となる定期開館の博物館がもつ魅力と可能性について、じっくりとお話を伺うことができました。
 さぁ、皆様も今度の週末には"ふれる博物館"に足を運んでみませんか?きっと素敵な出会いが待っているはずです。

(※
音声直リンク)
http://nichimou.org/wp-content/uploads/2017/11/koehiro2912_0004.mp3

**ここまで**
 



公開シンポジウム「障がい者の恋愛・結婚 ~僕らの恋愛のカタチ~」についてのご案内

こんにちは、viwaの二宮です。
今回は、公開シンポジウム「障がい者の恋愛・結婚 ~僕らの恋愛のカタチ~」についてのご案内です。

**ここから**
★☆公開シンポジウム「障がい者の恋愛・結婚 ~僕らの恋愛のカタチ~」について☆★
2017年第1回目のシンポジウムでは、前回盛況のあった結婚・友人の話に続き、第2回、障がい者の恋愛・結婚について考えます。

テレビやドラマで語られるのは障害のない人の恋愛ばかりで、障害者の恋愛について語られることって少ないですよね。
障がい者の自分でも恋愛はしていいのかな、どうやって恋愛をしたら良いんだろう、そんなことを考えているみなさんに今回は3名の方から自身の恋愛経験(成就した恋愛も、失恋も?!)や結婚についての想いを語っていただきます。
障がいのある僕らの恋愛のカタチってなんだろう、そう思っている皆さんは、ぜひ一緒に考えてみませんか?

ゲストプロフィール
A.中村 彰宏 さん
ヤフー株式会社法務本部勤務。ろう者。
努力家で内面に熱い思いを秘めながらもなかなか相手の女性に彼の魅力が伝わらない、そんなジレンマを抱えながら、今、まさに彼女募集中。

B.澤村 裕司 さん
筝曲家。全盲。
彼が奏でる音楽には心に癒しを与えてくれます。癒しを与える彼に、癒しを与える姫君は未だ来ず。そんな彼が過去に奏でた恋愛ドラマをきいてみませんか?

C.中村 祥子 さん
新聞社勤務。生まれつきの難聴で補聴器装用。
ずっと普通学校で育ち、中高は男子との会話もほぼ無く、カップルを横目に、自分には誰かと付き合うことができるのか、結婚して子どもが生まれるのかなーなど不安しかありませんでした。そんな私でしたが、紆余曲折を経て(笑)
今は夫と息子と3人暮らし。当日は普段なかなかできない話、しちゃいませんか?

日時:2018121日(日)15時から17
会場:東京都障害者福祉会館(都営三田線、都営浅草線「三田」駅より徒歩1分・JR線田町駅より徒歩5)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/syoukan/toiawase.html
参加費: 社会人2,000円 学生1,000円(講師交通費、資料代、情報保障費等含む)
定員:20名 定員になり次第、募集を締め切ります。
申込先:info@team-ifp.comまで下記の情報をお知らせください。

a.
氏名
b.
学生or社会人
c.
障がいの有無
d.
当日必要なサポートがありましたらお知らせください。
(例:JR田町駅から会場までの誘導等)


**ここまで**

ロービジョン・ブラインド川柳コンクールのご案内

こんにちは、viwaの二宮です。
今回は、ロービジョン・ブラインド川柳コンクールのご案内です

**ここから**

今年121日、iPSの研究施設、病院、ロービジョンケア施設などからなる神戸アイセンターがいよいよ開業致します。
そのアイセンター内、ビジョンパークでのイベントとして、ロービジョン・ブラインド川柳コンクールを開催することとなりました。
視覚障害に因んだ川柳を通じて、障害理解の一助に繋がればと考えております。
優秀作品は、ビジョンパークおよびホームページにて紹介させていただきます。
選句には、元NHKアナウンサーで俳句王を担当された八木健様にもお願いして、講評をいただく予定です。


募集期間 2017121日から2018131


次の3つの部門から、どなたでもご応募できますので、ご自身のご応募はもちろんのこと、広く応募を勧めていただければ幸いです。
見えにくさを感じている方部門(ロービジョン・ブラインド・盲ろう・色覚障害・その他)
メディカル・トレーナー部門(医師・看護師・視能訓練士・歩行訓練士・訓練施設講師、その他)
サポーター部門(ご家族、友人、職場の方、誘導ガイド、ヘルパー、商品開発、販売者 その他一般の方)

詳細、応募は次のホームページをご覧ください。1句以上、5句まで一度に応募いただ
けます。http://lv-senryu.com/

このコンクールは、神戸アイセンター ビジョンパークを運営する公益社団法NEXTVISION様の後援で株式会社三城が主催し行います。

次の団体にご協力いただいております。

NPO
法人カラーユニバーサルデザイン機構
視覚障害リハビリテーション協会
認定NPO法人タートル(中途視覚障害の就労を考える会)
社会福祉法人日本盲人会連合
公益財団法人日本盲導犬協会
公益社団法人日本網膜色素変性症協会
代々木公園・伴走伴歩クラブ(略称:バンバンクラブ)
ウェブ制作 株式会社19

*
お問い合わせ*ロービジョン・ブラインド川柳コンクール事務局
メール v-senryu@paris-miki.jp
**ここまで**

2017年11月29日水曜日

viwa shop 三菱電機 しゃべるレンジグリル 座談会編

皆様


viwa事務局です。
視覚障がいのある人にとって使いやすい商品を紹介するコーナー「viwa shop」。

今回、ご紹介するのは三菱電機の「らく楽アシスト」商品の中から「しゃべるレンジグリル」です。

座談会編では、開発者の生の声を伺っています。
・必要なときに必要な情報をしゃべるレンジグリルが生まれた背景
・取扱説明書要らずで、しかも、音声で使える
・「こんにちは」「温めがんばります」「上手にできましたか?」等、音声ガイド以外にも優しい言葉をかけてくれるレンジグリル
・お酒を缶ごとあたためられる機能
・お手入れがしやすいデザイン
・ふっくらお魚を調理できることが特徴
・コンパクトで加熱性に特化した設計
・開発者オススメのレンジグリルを使ったからあげについて


この動画でご紹介するレンジグリルの詳細は以下のサイトからご覧になれます。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/rangegrill/product/spec.html

ぜひ、一度ご覧ください。




動画で紹介のあったレンジグリルに関するお問い合わせは以下の電話番号までお願いします。

三菱電機お客さま相談センター フリーダイヤル 0120-139-365

【しゃべるレンジグリル基本操作編】
基本操作編
http://www.viwa.jp/2017/10/viwa-shop.html

活用編 焼き鮭調理
http://www.viwa.jp/2017/10/viwa-shop_31.html

活用編 コロッケの再加熱
http://www.viwa.jp/2017/11/viwa-shop.html



過去の紹介動画コンテンツいろいろ

【軽くて使いやすい掃除機の紹介動画】
軽くて使いやすい掃除機 基本操作編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/08/viwa-shop-be-k.html

軽くて使いやすい掃除機 活用編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/09/viwa-shop-be-k.html

軽くて使いやすい掃除機 座談会編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/09/viwa-shop-be-k_24.html


【しゃべるIHクッキングヒーター紹介動画】
しゃべるIHクッキングヒーター 基本操作編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/07/viwa-shop-ih.html

しゃべるIHクッキングヒーター 活用編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/07/viwa-shop-ih_8.html

しゃべるIHクッキングヒーター 座談会編
http://www.viwa.jp/2017/08/viwa-shop-ih.html

【しゃべる炊飯器の紹介動画】
しゃべる炊飯器 基本操作編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/03/viwa-shop-vol.html

しゃべる炊飯器 活用編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/05/viwa-shop.html

しゃべる炊飯器 座談会編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/06/viwa-shop-vol.html


次回は三菱電機 らく楽アシストの紹介です。お楽しみに!

viwa 事務局

第28回パパママ会@名古屋盲学校のご案内

皆様
こんにちは。viwaの奈良里紗です。

2017年も残りわずかとなってきましたね。
師走に入るとなぜかいつもよりも忙しく感じますが、それはきっと、クリスマスや忘年会、大晦日等のイベントが盛りだくさんだからなのかもしれませんね。


さて、12月のパパママ会はviwaからのクリスマスプレゼント♪
講演会もこどもたちの遊びもかなり充実しております。

ぜひ、お誘いあわせの上、ご参加くださーい☆

― 記 -
テーマ:触る
アドバイザー:常 瑠璃子 氏
お料理大好き、ピアノも上手、世界中どこでも旅しちゃう、そんな常さんの行動力はどのような生い立ちをたどってきたのでしょうか。神戸から名古屋までいらしていただきます。

アドバイザー 澤村 祐司 氏
全盲の筝曲家。ユーモアあふれる澤村さん。空間把握が得意でどこへ行くのも一人ですいすい。そんな彼の生い立ちにも迫ります。当日は東京から名古屋まできていただきます。

こども部屋のアクティビティ
「触る」がテーマの12月は、触ることのできる日本地図を教材として特別に持ってきていただきます。特別な技術を用いて作られた日本地図は、見えない・見えにくいお子さんだけではなく、障がいのないご兄弟にも楽しんでいただけると思います。


日時:2017年12月9日(土)13時~15時
主催:視覚障がい者ライフサポート機構“viwa” http://www.viwa.jp
場所:愛知県立名古屋盲学校 幼稚部
参加費:1家族 1,000円(ボランティア交通費、行事保険、必要備品の購入等)
定員:10家族
※託児をお受けできる人数に限りがあります。託児希望のご家族は早めにお申込ください。
※保護者のみの参加の場合、締切がすぎていても受付ができる場合があります。気軽にご相談ください。

対象:見えにくいこと等の視覚に関することでお困りのご家族
※乳幼児向けの会ではありませんので小学生、中学生、高校生、大学生等の参加も歓迎致します)

お申込方法:件名に「第28回パパママ会参加希望」と入れて、本文に以下の内容を記載した上で、viwa事務局(info@viwa.jp)までお申し込みください。
1.参加される方全員のお名前(漢字とふりがな)
2.電話番号
3.託児の有無
保護者の皆様がゆっくりお話ができるようボランティアスタッフがお子様を別室にてお預かりします。ご希望の方はお子様のお名前、年齢、障がいのあるお子様についてはその状態をお知らせください。

締切:2017年12月4日
※定員になり次第、受付を終了させていただきますのでお申し込みは早めにお願い致します。


お問い合わせ先:viwa事務局(info@viwa.jp)
なお、本事業は東海テレビ様、愛盲報恩会様の助成を受けて実施されています。
皆様とお会いできることを楽しみにしております。
viwa 奈良里紗

2017年11月26日日曜日

教育実習体験記

こんにちは、viwaの二宮です。

今回は、今年の6月に行った教育実習についてお話しします。


①実習先
母校の公立中学校で3週間行いました。担当教科は社会科でした。


②実習前
事前に配慮文章を作成してもらいました。また、授業で教える範囲・担当学年及びクラス・名簿など母校にわかる範囲で教えてもらいました。


③実習中
(1)職員室
実習初日の職員朝礼で自己紹介をした時、簡単に視覚障害があることを伝えました。知らない先生方の顔と名前を一致させることが大変だったため、職員室の座席表をもらいました。座席表があることで、授業見学のお願いや用事のある先生方が見つけやすくなりました。(先生がその席に座っていないと分かりませんが)
母校に、私が在籍時にいた先生が数人いたので、分からないことは基本的に、その先生方に聞き対処していました。

(2)クラス
3週間過ごしたクラスの生徒は40人近くいました。事前に名簿等をもらっていましたが、覚えきれませんでした。
そのため、実習中にクラスの座席表をもらい、空いている時間にその席にいる生徒の顔・名前・雰囲気・特徴など覚えるようにしました。あゆみ(日記のようなもの)で、生徒ともやりとりしていたので、そこで得た情報もメモして関連づけて覚えました。最終的に全員覚えることは、難しかったです...笑

(3)授業見学
学校に許可を頂いて、基本的にタブレット端末を用いて授業見学していました。板書や生徒の様子を見るときに活用しました。

(4)授業
授業中は、板書をあまりしないように、ワークシートや黒板に貼り付ける語句シートを活用しました。
生徒の活動の様子を見るために、机間巡視をしましたが生徒が手元で行なっていることは分からないので、見てるふりをしてました笑
挙手している生徒を当てることも難しかったので、前から順番に当てて行きました。(事前に伝えて生徒に了承を得ました)

(5)環境把握
母校だったため、教室など基本的なものの位置は変わっておらずスムーズに移動できました。しかし、廊下に植木鉢や小物類があったことは覚えておらず(位置が変わった可能性もある)、実習当初はぶつかってつまずいてしまいました。
母校であっても、再度学校の中を見直しておく必要があったなと思います。


④全体を通して
3週間の教育実習は大変でしたが、とても充実した日々を送ることが出来ました。母校という慣れた環境、知っている先生が数人いる、他の実習生も同級生であったことは、何かあった時にすぐ相談でき、とても心強かったです。見えにくくて大変なこともありましたが、自分なりに工夫して楽しい実習にできたのではないかと思います。

12月の馬場村塾のご案内

こんにちは、viwaの二宮です。
今回は、12月に行われる馬場村塾のご案内です。

**ここから**

12月の馬場村塾のご案内です。
プレゼンター 平塚 千穂子 氏
今回のプレゼンターはバリアフリー映画鑑賞推進団体CITY LIGHTSの平塚千穂子さんです。
映画にもなり、社会的認知の進む音声ガイド、点字図書館で借りられるシネマデイジーも大人気です。

東京・田端のユニバーサルシアアター、『チュプキ』では素敵な映画の上映が続いています。
活動を続けてこられた思い、これからの展開などについてプレゼンいただきます。
日時 12月8日(金曜)18時半から20時50分

プレゼンタイムは19時頃から1時間で、その後、ディスカッションタイムです。
21時より近隣の店で予算3000円程度で懇親会を行います。
懇親会ご参加の方は、その旨もお知らせください。
会場新宿リサイクル活動センター2階集会室
169-0075 新宿区高田馬場4-10-2
http://www.shinjuku-rc.org/shinjuku/
高田馬場駅より徒歩2分程度です。駅からの誘導も可能です。
誘導希望の方は、申し込み時に、お知らせの上、18時15分に、JR高田馬場駅戸山口改札付近にお越しください。
他の場所での待ち合わせなどにつきましても、お気軽にお問合せください。
馬場村塾は、毎回、株式会社19のご協力で動画撮影しており、編集終了後、同社HPからご覧頂けます。

申し込み・問い合わせ
大川 和彦
めーる TQJ00070あっとNIFTY.COM
アットマークと@に変換して送信ください。


**ここまで**

2017年11月13日月曜日

viwa shop 三菱電機 しゃべるレンジグリル 活用編 コロッケの再加熱

皆様


viwa事務局です。
視覚障がいのある人にとって使いやすい商品を紹介するコーナー「viwa shop」。
今回、ご紹介するのは三菱電機の「らく楽アシスト」商品の中から「しゃべるレンジグリル」です。

今回は活用編ならぬ料理編ということで、購入してから一日経過したコロッケの再加熱調理についてご紹介しています。
・再加熱モードの使い方
・コロッケ等の揚げ物や調理パン、たい焼き、今川焼き等を再加熱モードでできたてのようにおいしくしあげる方法
・自動的に再加熱の時間を調節
・音性ナビで残り時間を確認
・そして、最後にはサクッサクッとよい音のする揚げたてのコロッケが完成!

スーパーで購入したお惣菜もこのレンジグリルがあれば、よりおいしく食べられそうですね。

この動画でご紹介するレンジグリルの詳細は以下のサイトからご覧になれます。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/rangegrill/product/spec.html

ぜひ、一度ご覧ください。

動画で紹介のあったレンジグリルに関するお問い合わせは以下の電話番号までお願いします。
三菱電機お客さま相談センター フリーダイヤル 0120-139-365
【しゃべるレンジグリル基本操作編】
基本操作編
http://www.viwa.jp/2017/10/viwa-shop.html

活用編 焼き鮭調理
http://www.viwa.jp/2017/10/viwa-shop_31.html


過去の紹介動画コンテンツいろいろ
【軽くて使いやすい掃除機の紹介動画】
軽くて使いやすい掃除機 基本操作編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/08/viwa-shop-be-k.html

軽くて使いやすい掃除機 活用編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/09/viwa-shop-be-k.html

軽くて使いやすい掃除機 座談会編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/09/viwa-shop-be-k_24.html


【しゃべるIHクッキングヒーター紹介動画】
しゃべるIHクッキングヒーター 基本操作編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/07/viwa-shop-ih.html

しゃべるIHクッキングヒーター 活用編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/07/viwa-shop-ih_8.html

しゃべるIHクッキングヒーター 座談会編
http://www.viwa.jp/2017/08/viwa-shop-ih.html

【しゃべる炊飯器の紹介動画】
しゃべる炊飯器 基本操作編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/03/viwa-shop-vol.html

しゃべる炊飯器 活用編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/05/viwa-shop.html

しゃべる炊飯器 座談会編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/06/viwa-shop-vol.html

次回は三菱電機しゃべるレンジグリル 座談会編です。お楽しみに!

viwa 事務局

大学定期試験における合理的配慮事例の紹介

皆さま

こんにちは。viwaの森です。
今回は私が現在大学の定期試験で実際に受けている配慮事項について記事を書きたいと思います。なお、普段の授業等で受けている支援に関してはまた別の記事で書こうと思います。

私は現在新潟大学経済学部の4年生です。去年の4月に3年次編入学という形で3年生として大学に入学しました。

入学後すぐに、私は経済学部の学務係及び大学障害学生支援室にて、大学における定期試験状の配慮について相談しました。

新潟大学では視覚障害のある学生を受け入れるのは初だったため、前例もなく、私自身で自分に必要な配慮を主張し、支援体制を作ったという形になりました。今振り返ると、前例がなかった分、大学側は私の話を親身になって聞いてくれたように思います。
前例がある場合、「弱視の学生にはこういう支援をしておけばいい」といった支援を使いまわせるパッケージとして考える方も少なからずいるようなので、それはそれで配慮を主張するのは大変なのかなと思います。

4月当初、私は入学試験でしていただいた、別室受験、時間延長(1.3倍)、問題用紙および回答用紙の拡大(A4→A3)という配慮を申請し、実践していただきました。

しかし、その後私は自分の定期試験での配慮内容を改めたいと思いました。
入学と同時に私は勉強のツールとしてiPadを活用するようになりました。iPadの読み上げ機能や拡大機能を用いて勉強しているうちに、iPadを定期試験でも活用したいと思うようになったためです。その旨を障害学生支援室に伝え、夏休み前の期末テストからiPadを持ち込んだ受験が認められました。

iPadを持ち込んだ最初の期末テストは問題用紙のPDFデータをiPad用のUSBで受け取り、音声読み上げを通して問題を読み、拡大した回答用紙で手書きで記入するという方式をとりました。しかし文字を書くことが大変であることや自分の文字を読み直すことが困難だということから、さらに配慮事項を改善しました。現在はデータの問題用紙をiPadを通して読み、Bluetoothキーボードを使ってワードに回答を書き込む、そしてそれを試験終了後にワイヤレスプリンタで出力して提出するという方式で定期試験を受けています。

前期の期末試験では自分のiPadを持ち込んでいましたが、不正防止のため大学の予算から、試験用のiPadを、そしてその他定期試験に必要なBluetoothキーボード、iPad用USB、iPadスタンド、ワイヤレスプリンタを購入していただきました。

以上が私が現在大学の定期試験で受けている配慮事項です。なお、合理的配慮を主張した際には、自分がどれだけ読み書きに困難があるかの客観的なデータも大学側に提出しました。私は大学入学前にウラウスという読み書き速度診断を受けていたのでその結果を提出しました。交渉する際はデータを提出するとより自分の困難及び、配慮の必要性が伝わると思います。

今回の事例はあくまで私個人の事例です。別の大学で全く同じ内容の配慮が受けられるかどうかはわかりません。しかし実際に大学でこのような配慮が認められているということはこれから大学生になる視覚障害のある学生にとっては価値のある「前例」の一つになると思います。

第4回視覚障害教育ICT活用研修会のご案内

こんにちは、viwaの二宮です。
今回は、第4回視覚障害教育ICT活用研修会のご案内です。

**ここから**
12月27日,28日は,学び納め!参加して,光学で実践力を磨きませんか!?視覚障害教育ICT活用研修会!

今年のテーマは,
・光学の基礎
・教師が知っておくと便利なめがねの話
・光学的視角補助具の話です!  
メガネの話は,全ての学校の先生にお役に立つ内容です!ぜひ,ご参加くださーい!

以下の質問に答えられるようになろう!
・拡大鏡の5倍っていうけど,1倍はなに?
・拡大鏡,公式文書で,なんでルーペって書いちゃだめなの?
・拡大鏡って,何cmで構えるのが適正なの?
・単眼鏡の6X32って,どういう意味?
・ケプラー型で,対物レンズの大きさと視界は無関係って!?
・単眼鏡って,近くをみるとき,どうして伸ばすの?
・いいメガネってどんなの?
・メガネの正しいかけかたは?
・メガネのメンテナンスの方法は?
・メガネにはどんな種類があって,どう使い分けるの?

などなど!日々の実践から,センター的機能を担当する方まで,お役に立つと思われる情報をお届けします。


第4回視覚障害教育ICT活用研修会を開催します。
開催日:20171227日・28
場所:広島大学
テーマは,メガネです!良いメガネとは?メガネの正しいかけかたは?メガネがあっていないと・・・。

などなど,メガネや光学的視覚補助具について掘り下げます!なので,通常の学校や視覚以外の特別支援学校の先生にとっても,生かせる内容だと思います!
プログラム・参加申し込みは以下にあります!

https://ws.formzu.net/fgen/S20189319/


**ここまで**

第261回(17-11)済生会新潟第二病院眼科勉強会のご案内

こんにちは、viwaの二宮です。
今回は、261回(17-11)済生会新潟第二病院眼科勉強会のご案内です。

**ここから**
案内:第261回(17-11)済生会新潟第二病院眼科勉強会   仲泊 聡
  日時:平成291108日(水)1630 1800
  場所:済生会新潟第二病院 眼科外来  
 演題:「視覚障害者支援における課題の変遷」
 講師:仲泊 聡(理化学研究所 研究員;眼科医)
 http://andonoburo.net/on/6193

【抄 録】 
 私は、平成元年に東京慈恵会医科大学を卒業して、平成77月に神奈川リハビリテーション病院に赴任しました。

これが、視覚障害業界への入り口となりました。したがいまして、今年の7月に満20歳を迎えたわけです。
 その前半は、周りにいる専門家の皆さんにくっついていただけで、人前では「視覚障害については素人で。。」とか言ってごまかしてきましたが、国立のリハセンターに異動することになった頃から、もう素人ではいられないという自覚が生まれました。
そして、それまでの10年に教わったこと、経験したことを肥やしにして、視覚障害者にとって少しでもよい未来にしていかなければと思いを巡らせて後半の10年を過ごして参りました。
 本勉強会では、このような稀有な経歴をもった眼科医として、自分が見聞きし、考えてきた視覚障害者支援における課題とその変遷についてお話できればと考えています。

ざっと分けて、周囲の専門家に聞いたり、書物から知った1990年代以前のこと、神奈川リハ時代の体験から感じた2000年代のこと、国リハ以降での体験から確信した2010年代のこと、そして、これらを素にして2020年代での課題について推察したいと思います。

【略 歴】
 1989年 東京慈恵会医科大学医学部卒業
 1995年 神奈川リハビリテーション病院
 2003年 東京慈恵会医科大学医学部眼科講師
 2004年 スタンフォード大学心理学科留学
 2007年 東京慈恵会医科大学医学部眼科講師準教授
 2008年 国立リハ病院 第三機能回復訓練部長
 2010年 国立リハ病院 第二診療部長
 2016年 神戸理化学研究所 研究員

=============================
『済生会新潟第二病院 眼科勉強会』
 1996年(平成8年)6月から、毎月欠かさずに続けています。誰でも参加出来ます。
話題は眼科のことに限らず、何でもありです。参加者は毎回約20から30名くらいです。

患者さん、市民の方、医者、看護師、病院スタッフ、学生、その他興味のある方が参加しています。眼科の外来で行いますから、せいぜい5m四方の狭い部屋で、寺子屋的な雰囲気を持った勉強会です。 
ゲストの方に約一時間お話して頂き、その後30分の意見交換があります。
2018
3月で終了の予定。

  日時:毎月第2水曜日16301800(原則)
  場所:済生会新潟第二病院眼科外来

*勉強会のこれまでの報告は、下記でご覧頂けます。
1)ホームページ「すずらん」
 新潟市西蒲区の視覚に障がいのある人とボランティアで構成している音声パソコン
教室ホームページ
 http://occhie3.sakura.ne.jp/suzuran/
2)済生会新潟第二病院 ホームページ
http://www.ngt.saiseikai.or.jp/section/ophthalmology/study.html
3)安藤 伸朗 ホームページ
http://andonoburo.net/

================================
【今後の済生会新潟第二病院眼科 勉強会 & 研究会】
平成291118日(土) 14時開場 1430分~1730
 『済生会新潟第二病院眼科-市民公開講座2017
  会場:済生会新潟第二病院 10階 多目的室
 講師:宮坂道夫(新潟大学医学部教授 医療倫理・生命倫理)
  http://andonoburo.net/on/6180
 講師:細井順(ヴォーリズ記念病院ホスピス長;滋賀県近江八幡市)
  http://andonoburo.net/on/6186

平成291213日(水)1630 1800
  第26217-12)済生会新潟第二病院眼科勉強会
 演題:患者になってからの20年をふり返って私が伝えたいこと
 講師:関 恒子(長野県松本市)

平成300110日(水)1630 1800
 第263回(18-01)済生会新潟第二病院眼科勉強会
  演題:ロービジョンケアを始めて分かったこと
  講師:加藤 聡(東京大学眼科准教授;日本ロービジョン学会理事長)

平成30年02月14日(水)16:00 ~ 18:30
 第264回(18-02)済生会新潟第二病院眼科勉強会「ささえ、ささえられて」
 講師:小林 章(日本点字図書館:歩行訓練士)
   :大石華法(日本ケアメイク協会)
   :橋本伸子(白尾眼科:石川県、看護師)
   :上林洋子(盲導犬ユーザー;新潟市)
   :岩崎深雪(盲導犬ユーザー;新潟市)

平成30年03月14日(水)16:00~18:00
  第265回(18-03)済生会新潟第二病院眼科勉強会(最終回)
 演題:これまでのこと、これからのこと
 講師:安藤伸朗(済生会新潟第二病院 眼科医)


**ここまで**

2017年10月31日火曜日

ご案内 11月18日(土)高田馬場にて講演会を行います!「こどもたちのために大人の当事者ができること~視覚障がい児の実際と支援~」

皆様

こんにちは。viwaの奈良です。

今回は11月18日(土)に開催される講演会のご案内です。
視覚障がい児の支援は今後どうあるべきか、私たち当事者が未来のこどもたちにできることは何だろう?ということを一緒に考える機会とできたらと思っております。高田馬場での開催になります。ぜひ、多くの方々の参加をお待ちしております。

なお、この講演会は当事者の方以外でもご参加いただけます。

以下、詳細になります。

皆様、こんにちは。
東京都盲人福祉協会青年部の城谷直人と申します。
盲青年社会生活教室講座のご案内です。
「こどもたちのために大人の当事者ができること~視覚障がい児の実際と支援~」
をテーマに、講演とディスカッションをする講座です。
多くの皆様のご参加をおまちしております。
以下 本文です。

日時   11月18日(土)13:00~15:30
(受付開始12:45~)

場所   東京都盲人福祉協会研修センター2F研修室
     東京都新宿区高田馬場1-9-23
電話03-3208-9001

講師   奈良 里紗
視覚障がい者ライフサポート機構 “viwa" 理事長

テーマ
「こどもたちのために大人の当事者ができること~視覚障がい児の実際と支援~」
講演内容
視覚障がいのある当事者やその家族、視覚障がい関連の仕事に従事されている方々等、
幅広い方々に、より生活に密着した実用的な情報を提供することを目的に
「情報発信」「相談会」「セミナー事業」をされているVIWAの活動の中より
今回は視覚障害児の実際と支援について講演していただき、
当事者だからできる支援について考える機会にしたいと思います。
みなさんとのディスカッションの時間も設定しております。
多くの方の参加をお待ちしております。

参加費 無料

定員   50名
申し込み締切日:11月15日(水)
会場準備の都合により事前申し込みをお願いします。
お申し込みの際に以下の項目をお知らせください。
①お名前  例 城谷直人(しろたになおと)
②居住区  例 東京都江戸川区
③ご家族、友人、ガイドヘルパー等の同行者の有無
例 同行家族2名(本人を除いた人数をお知らせください。)


申込み先 城谷 直人
     090-9015-7708
     pa52437あっとdj8.so-net.ne.jp(あっとの部分を@になおして送信してください。)

会場案内
■公益社団法人 東京都盲人福祉協会 アクセス詳細
●JR・西武線 高田馬場駅をご利用の場合(徒歩10分)
池袋寄りにある早稲田口改札を出たら右へ曲がり、ロータリに出ます。
10時方向に横断歩道がありますので、ロータリを早稲田通りに沿って横断します。
早稲田通りを早稲田方面へ、およそ300メートル直進します。
4つ目の角、龍生堂(りゅうせいどう)薬局と早稲田松竹(わせだしょうちく)の
間の路地を右へ曲がり、突き当たりまで直進します。
突き当たったら点字ブロックに沿って左へ曲がり、坂を上ります。
坂を上りきると突き当たりの手前、右手方向に入口があります。

●東西線 高田馬場駅をご利用の場合(徒歩7分)
西船橋寄りにある改札を出たら、左手方向にある7番出口を出ます。
地上に出たら早稲田通りを右へ曲がり、およそ100メートル直進すると2つ目の角、
龍生堂薬局と早稲田松竹の間の路地を右へ曲がり、突き当たりまで直進します。
突き当たったら点字ブロックに沿って左へ曲がり、坂を上ります。
坂を上りきると突き当たりの手前、右手方向に入口があります。

●副都心線 西早稲田駅をご利用の場合(徒歩5分)
池袋寄りにある改札を出たら、改札の左後方にある2番出口を出ます。
地上に出たら明治通りを左へ曲がり、誘導ブロックに沿って直進します。
2つ目の角、マツダレンタカーとスパゲティ屋の間の路地を左へ曲がり、坂を上り
ます。
坂を上りきったら突き当たりを左へ曲がり、またすぐに右へ曲がります。
およそ3メートル進むと左手方向に入口があります。


以上

viwa shop 三菱電機 しゃべるレンジグリル 活用編 焼き鮭調理

皆様[


viwa事務局です。
視覚障がいのある人にとって使いやすい商品を紹介するコーナー「viwa shop」。
今回、ご紹介するのは三菱電機の「らく楽アシスト」商品の中から「しゃべるレンジグリル」です。

今回は活用編ならぬ料理編ということで、焼き鮭調理体験をご紹介しています。
・焼き鮭を調理する方法
・調理中の音声ガイド
・音量の調整方法
・しゃべる速さ(話速)の調整方法
・説明書いらずの操作性
・高い静音性
・簡単なお手入れ方法
・脱臭機能(焼き魚を調理しても臭いが気にならない!)
・トップクラスの省エネ基準を達成
・何より出来上がったお魚がおいしそう!
等、おいしい焼き鮭ができあがるまでに色々な活用方法をご紹介しています。


視覚障がいがあるとお魚の焼き加減がなかなかわからないんですよね。
このレンジグリルがあれば、レンジでチンでおいしい焼き魚生活が送れますよ♪


この動画でご紹介するレンジグリルの詳細は以下のサイトからご覧になれます。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/rangegrill/product/spec.html

ぜひ、一度ご覧ください。



動画で紹介のあったレンジグリルに関するお問い合わせは以下の電話番号までお願いします。
三菱電機お客さま相談センター フリーダイヤル 0120-139-365


【しゃべるレンジグリル基本操作編】
基本操作編
http://www.viwa.jp/2017/10/viwa-shop.html



過去の紹介動画コンテンツいろいろ

【軽くて使いやすい掃除機の紹介動画】
軽くて使いやすい掃除機 基本操作編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/08/viwa-shop-be-k.html


軽くて使いやすい掃除機 活用編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/09/viwa-shop-be-k.html


軽くて使いやすい掃除機 座談会編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/09/viwa-shop-be-k_24.html



【しゃべるIHクッキングヒーター紹介動画】
しゃべるIHクッキングヒーター 基本操作編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/07/viwa-shop-ih.html


しゃべるIHクッキングヒーター 活用編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/07/viwa-shop-ih_8.html


しゃべるIHクッキングヒーター 座談会編
http://www.viwa.jp/2017/08/viwa-shop-ih.html



【しゃべる炊飯器の紹介動画】
しゃべる炊飯器 基本操作編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/03/viwa-shop-vol.html


しゃべる炊飯器 活用編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/05/viwa-shop.html


しゃべる炊飯器 座談会編の記事はコチラ
http://www.viwa.jp/2017/06/viwa-shop-vol.html



次回は三菱電機しゃべるレンジグリル 活用編 コロッケの再加熱編です。お楽しみに!

viwa 事務局

2017年10月29日日曜日

第27回パパママ会@名古屋でチャレンジド・ヨガ!

皆様

こんにちは。viwaの奈良里紗です。
食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋などなど、皆様にとってはどのような秋でしょうか。

さて、11月のパパママ会はスポーツの秋と出会いの秋を楽しめる企画です♪
私もヨガ、大好きなのですが、視覚障がい者のためのヨガクラスを全国各地で行っているチャレンジド・ヨガの皆様を名古屋にお招きします!
心もカラダもリラックスできるヨガをぜひ体験してみてください☆

それともう1つ!
今回は名古屋市視覚障害協会の盲女性家庭生活訓練事業とのコラボレーション企画です。
地元名古屋にお住まいの視覚障がいの方々と知り合うチャンスでもあります。

ぜひ、この機会をお見逃しなく!!

詳細は以下の通りです。

11月「チャレンジド・ヨガ~視覚障がいの方のヨガ~in 名古屋」
身体にも心にも効果があると言われる人気のヨガ。実際に参加した方々から姿勢や呼吸、普段意識していなかった自分の身体そのものを日常から意識できるようになったなどの効果や、身体以外にも心や考え方も前向き・柔軟になったなどの効果も表れているようです。
何より仲間と出会い一緒に身体を動かす事が楽しい!との感想が多いそうです。ヨガは、たたみ一畳分のスペースで大きな移動を伴わず、安全に体の隅々まで動かす事ができる視覚障がいの方に取り組みやすい運動の一つです。この機会にぜひヨガを体験・挑戦してみませんか?

日時 11月12日(日)午後2時~4時
主催:視覚障がい者ライフサポート機構“viwa”
共催:名古屋市視覚障害協会
会場 北生涯学習センター2F 第1集会室
参加費  500円
定員 15名
※先着順での受付とさせていただきます。
申込締切:10月末日(ただし、定員になり次第、受付を終了します。)
申込:info@viwa.jpまで下記の必要事項を添えてお申し込みください。
1.参加される方全員の氏名(お子様のお名前はフリガナもお願いします。)
2.お子様の年齢
3.携帯電話番号(メールでのやりとりが上手くいかないときに使用します。)
※小学生以上は1人で1枚のヨガマットを使って体験します。
※保護者の方も見学ではなくヨガ体験を一緒に行います。
※乳児さんはパパやママと一緒のマットで行います。赤ちゃんも一緒にできます。
※今回は家族みんなで体験となりますので託児はありません。
※何かご不明なことがありましたらお申し込みの際にご相談ください。

◆持ち物・服装など
1.動きやすい服装(ヨガウェアでなくても全く問題ありません)
 ※ヨガは裸足で行うのをお薦めしていますが、裸足に抵抗がある方は、五本指ソックスをご用意下さい(足裏に滑りとめ付きがお薦めです)。
2.汗ふきタオル
3.水分など
4.着替えなど(着替えのための控室もあります)
 ※ヨガマットは、こちらでご用意いたします。

◆チャレンジド・ヨガとは?
1人の視覚障がいの方のことば「やってみたいな、ヨガ…」をきっかけに、2013年8月、日本初として、視覚障がいの方のヨガ チャレンジド・ヨガがスタートしました。
現在は定期クラスが全国で10クラス開催(埼玉県所沢と上尾、東京都立川と江戸川と足立、神奈川県横須賀と川崎、福島県福島市、宮城県仙台市、兵庫県神戸市)またイベントや勉強会・講演なども開催しています。

<詳しくは下記HPなど>
・チャレンジド・ヨガ公式アクセシビリティホームページ
http://challengedyoga.com/

以上です。

皆様とお会いできることを楽しみにしております。

viwa 奈良里紗

声のひろばでBABAフェス2017の様子を聞くことができます♪

皆様

こんにちは。viwaの奈良です。

9月24日(日)に高田馬場で開催されたBABAフェス2017の様子が日本盲人会連合の声のひろば10月号で取り上げられました。

音声直リンクはこちら↓
http://nichimou.org/wp-content/uploads/2017/10/koehiro2910_0003.mp3

この他にも、盛りだくさんの内容です。
ぜひ、お時間のあるときに聞いてみてくださいね♪

**ここから**

【日盲連 声のひろばURL】
http://nichimou.org/magazine-tape/voice/
(※音声直リンク) http://nichimou.org/wp-content/uploads/2017/10/koehiro2910.
mp3

【9月号の目次】
 はじめに~「そよ風のように街に出よう」終刊へ&内容紹介~
 日生具給付・補装具支給の実態を追え!サイトワールド2017で日盲連が中間報告
 【BABAフェス2017レポート】9.24、TAKADANOBABAの熱い一日!!
 法政大学学生ボランティア奮闘記(2)
 四季折々の調べ≪秋≫
 日盲連用具ステーション
 言葉の船出
 おわりに~おはぎはつきしらず~

【内容紹介】
2. 【BABAフェス2017レポート】9.24、TAKADANOBABAの熱い一日!!
 幕末に吉田松陰が主宰した私塾「松下村塾」は、幕末から明治維新へと、激動の時代の潮流を生んだ優秀な人材を多く輩出したことで有名です。
 時は平成へ。「視覚障害」に関係する施設や団体・企業などが多く集まる高田馬場を舞台に、有限会社読書工房代表の成松一郎さんと社会福祉法人桜雲会の甲賀金夫さんが声かけ人となり、当事者や視覚障害に関わるすべての人々が世代を超えてつながりあう場として、2015年4月に馬場村塾が開塾されました。主な活動は、月1回夜に開かれる視覚障害当事者や支援団体・企業など関係者によるプレゼンで、聴講後には参加者を交えて意見交換などを行います。
 そんな馬場村塾の塾生たちが初の試みとして企画した「BABAフェス2017」が、9月24日(日)に馬場村塾のホームでもある新宿リサイクル活動センターで開催されました。
 多くの来場者に恵まれた当日の会場の興奮を参加された皆様に思い出して頂きたく、また都合がつかず足を運ぶことができなかった皆様にぜひ雰囲気をお届けしたく、音源に加えて写真なども掲載するなど工夫は重ねたのですが、残念ながら録音状態が悪いです。誠に申し訳ありません。
 セッションを担当された視覚障がい者ライフサポート機構”viwa”理事長 奈良里紗さんと全国音訳ボランティアネットワーク代表 藤田晶子さん、そして馬場村塾広報担当の大川和彦さんのお声をお届けしています。

(※音声直リンク)
http://nichimou.org/wp-content/uploads/2017/10/koehiro2910_0003.mp3


3. 3.法政大学学生ボランティア奮闘記(2)『みんなが声かけを続ける理由は何ですか?』~東京メトロ飯田橋駅でのボランティア活動を密着取材~

 <今日も東京メトロ飯田橋駅構内を、若きボランティアたちがゆく!!!>

 駅ホームにおける視覚障害者の痛ましい事故の報道が続いています。
 東京メトロは誰もが安心して利用することができる駅を目指し、飯田橋駅で新たな取り組みを行います。それは法政大学と連携し、学生ボランティアたちによる声かけサポート活動を実施するというものでした。
 日盲連情報部は、7月19日に続き9月20日の活動にも同行してきました。そこで見えてきたのは、メンバーが固定化され新たに活動に参加するボランティアが少ない問題や、断られるなどして声かけの大切さを実感することができずにいるボランティアたちの姿でした。
 -そもそも、彼らはなぜ声かけボランティアをはじめようと思ったのしょうか?
 悩みながら、それでも試行錯誤を重ねながら声かけを続けるボランティアたち。その活動を追う、法政大学学生ボランティア奮闘記、堂々の第2幕です!!
(※音声直リンク)
http://nichimou.org/wp-content/uploads/2017/10/koehiro2910_0004.mp3

 ※ちなみに、第1弾はこちらです↓
(※音声直リンク)http://nichimou.org/wp-content/uploads/2017/08/koehiro2908_0004.mp3"

 ご案内は以上です。
 長文にて大変失礼いたしました。
 最後までお付き合い下さいました皆様に、心より感謝申し上げます。
 ご意見・ご感想などもお待ちしています。
 今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

11月3日(金・祝)「視覚障害者のための日常生活用具と補装具の現状と課題に関するシンポジウム」のご案内

皆様

こんにちは。viwaの奈良里紗です。

11月3日(金・祝)にシンポジウムが実施されます。
弱視眼鏡、遮光眼鏡、白杖等の補装具、拡大読書器、音声体温計等をはじめとする日常生活用具の現状と課題について知ることのできるとてもよい機会だと思います。

補装具って何?
日常生活用具って何?
という方もぜひいらしてください。

この日はこのシンポジウムを聞いてから同じ会場にてサイトワールドが開催されておりますので、色々な補装具・日常生活用具を見ることもできます



ぜひ、お誘いあわせの上、いらしてくださいませ。

**ここから**

「視覚障害者のための日常生活用具と補装具の現状と課題に関するシンポジウム」開催要綱

1 目的  
日本盲人会連合では、平成29年度生活協同組合の助成を受け、「視覚障害者のための日常生活用具と補装具の給付及び貸与の実態調査事業」を実施しています。全国の自治体、視覚障害当事者、販売店、メーカーを対象にアンケート調査を実施しております。また、販売店とメーカーを対象にヒアリングも実施しました。
そこで、このアンケート調査等において浮き彫りとなった課題を解消し、日常生活用具等の給付事業及び補装具費支給制度が視覚障害者のニーズに即した制度となることを推進するために本シンポジウムを開催します。

2 主催  社会福祉法人日本盲人会連合

3 開催日  平成29年11月3日(金)

4 場所   すみだ産業会館サンライズホール 9階 会議室1・2
(JR総武線・地下鉄半蔵門線 錦糸町駅前 丸井錦糸町店8・9階)

5 プログラム
 10:30 開会
       開会挨拶 竹下義樹(日本盲人会連合 会長)

 10:40 基調報告 (中間報告)
       報告者  中野泰志委員長(慶應義塾大学 教授)

 11:10 パネルディスカッション
  コーディネーター
三宅 隆(日本盲人会連合 情報部長)
  パネリスト
   ①中野泰志委員長(慶應義塾大学 教授)
   ②五島清国委員(公益財団法人テクノエイド協会 企画部長)
   ③奈良里紗委員(視覚障がい者ライフサポート機構“viwa”代表)
   ④荒川明宏委員(日本盲人社会福祉施設協議会 用具部会長
(株)ラビット代表取締役社長)
   ⑤小泉大介氏(株式会社トラストメディカル)
   ⑥籠宮 純氏(ケージーエス株式会社)
 12:30 閉会

6 参加費  無料
7 お申込み方法   申込等不要です。直接会場にお越しください。
8 お問い合わせ先    社会福祉法人日本盲人会連合 組織部団体事務局
住所:〒169-8664 東京都新宿区西早稲田2-18-2
電話:03-3200-0011/FAX:03-3200-7755  
e-mail:jim@jfb.jp