2020年8月2日日曜日

自己紹介 ハチ

皆様


こんにちは!
ハチです★皆さんには「もりりん」や「ハッチ―」と呼ばれております。
現在は日本福祉大学で福祉について学んでいるところです。私自身も視覚障がいの当事者のため、大学では友達や先生方に配慮、支援をお願いしながら学習しています。
視力が両眼0.1の弱視で、視野は問題ありません。緑内障のため眼圧が上がりやすく、定期的に通院をしています。また、先天性の無虹彩症のため眩しいところが苦手ということが特徴として挙げられますが、日常生活で大きな支障を来すほどではありません。

 私はこれまで東京と愛知を行き来しながら暮らしてきました。
幼稚園、中学校、高校は特別支援学校でしたが、小学校は一般校でした。なお、幼稚園・保育園は地域のものにも通っていました。小学生の時に障がいを理由にいじめられていましたが、中学生の時に親元を離れて寄宿舎で生活したため、そこでの経験を通して自信を持つことができました。

中学生の時のエピソードは、障がいを受容することへとつながったと感じています。
趣味は料理や裁縫、アニメ鑑賞、作曲、水泳など様々です。歌うことも好きで、小・中・高は放送部への所属、購買の放送担当もしておりました。声を強みの1つとして、新たな趣味や取り組みに活かしていければとも考えています。お仕事としましては、Webサイトの制作・運営を行っております。

私は周りに支援をお願いするだけでなく、自分のできることや強みを活かしながら、当事者として様々な活動をしていきたいと強く感じております。福祉実践教室、母校での講演、福祉用具の紹介、他の障がい学生への支援活動、学生自治会・大学への働きかけなど現在は自分らしさを大切に、取り組みを進めている所です。今後も私自身の考えたことを含め、広い視野を持って活動をしていきたいと考えております。自分のことを発信するだけでなく、皆さんと一緒に障がいについて考えていければと思います♪

どうぞ、よろしくお願いいたします。

ハチ

第3回 視覚技塾 for teenager 実施報告

皆様


こんにちは。viwaの奈良里紗です。

7月30日に第3回目となる視覚技塾 for teenagerをオンラインで開催しました。
今回は全国各地から4名の視覚障害のある10代の方々にご参加いただきました。

学校での障害開示のこと、
センター入試での受験に関すること、
点字切替のこと、
白杖のこと、

たくさんの話題が飛び交って、気づけば開始2時間が経過。

私が高校生だったころは、試験時間が1.3倍で、どうして、1.5倍にしてもらえないのだろうと思っていました。
今年センター入試を受験した大学1年生の中には、試験時間1.5倍で受験したという人もいました。
実際に、どうだったのかな?と話を聞いてみると、
「本当に疲れた!1.5倍の時間内で読み切るための練習も必要だし、一概に、1.5倍になったほうがいいということはないかも」
という声も聴かれました。

確かに確かに、私も1.3倍の時間延長でへろへろに疲れていました。
単純に時間が延長されれば解決!という問題ではないのだなぁと、改めて知る機会となりました。

この視覚技塾 for teenagerは、10代の視覚障害のある学生が集い、気軽に座談できる場を提供しています。
同じ障害のある仲間がほしい!という学生さんがいらっしゃいましたら、info@viwa.jpまでお問合せください。

key word 10代 オンライン授業 点字切替 白杖 友達関係
viwa 奈良里紗

2020年8月1日土曜日

パパママ会が本になりました☆

皆様


こんにちは。viwaの奈良里紗です。

そろそろ、皆さん、夏休みでしょうか。
今年は、stay homeで楽しい夏休みにしたいですね。
さて、おかげさまで、2020年7月10日でviwaは設立10周年を迎えることができました。

これまでviwaを支えてくださった皆様には、改めて、心より御礼申し上げます。
10周年に向けて、何かできることはないだろうかと考えていたところ、今年2月にパパママ会にゲストとしてお越しいただいた橋本さん親子のことが思い浮かびました。
愛知県で初めて点字使用でありながら、地域の小学校、中学校、高校で学んだという、まさに、パイオニア的存在の親子です。

パパママ会を実施していて、いつも思うことではありますが、ここに参加できた人しか聞けないなんてもったいない!そうだ、本にしてみようと思い立ったのです。
思い立ったら吉日!さっそく、橋本さん親子に連絡をしたところ、書籍化について快諾してくださいました。

そして、生まれたのがこの本!
書籍名:「ごめんね」から「ありがとう」へ 地域で学ぶ盲児の物語
現在は、アマゾンでkindle版のみ発売されています。紙の本のほうが読みやすい!という方は、もう少々、お待ちくださいませ。

http://www.amazon.co.jp/dp/B08C9PHGQC

今、まさに、子育て中のパパママにはもちろんのこと、
盲学校の先生方、地域で視覚障害児を支援してくださっている先生方、
そして、多くの方々に、障がいのある子どもが地域で学ぶことについて考える機会になればと願っています。

key words amazon kindle版 電子書籍 障がい児 子育て インクルーシブ教育
viwa 奈良 里紗