2015年2月24日火曜日

海外旅行を思い切り楽しむためのコツ


 

こんにちは! viwaの佐藤です!

 

初めて記事を担当させて頂くことになりました☆

 

いつもと違う景色に出会う、そんなワクワクするのが旅の醍醐味だと思います。

今回は、海外旅行のときに私流のコツを3つご紹介します!

 

≪出かける前に地図を確認≫

 

日本で旅行中に地図を見ていても、旅行者ということで危険な目に合うことは滅多にないと思います。でも、海外で地図を広げているとすぐ旅行者だとわかるので、危険を伴うことがあります。また、見えにくい分、周囲の状況が分かりにくいことがあるかもしれません。そこで私が1人で海外旅行をするときに心掛けていることは、出かける前に地図を念入りに確認することです。広域の地図から始め、より詳細な地図を見てきます。

交通手段も一通り確認したら、思い切って出発です。

 

地図を事前に見ていても、地図と実際の景色は違うもの。方向音痴の私は、ついつい道に迷ってしまうことがたびたびあります。そんな時は、駅やデパートの店員さんなどに助けてもらうと安全に旅行が楽しめると思います!

 

≪余裕を持った計画を立てる≫

 

ここで、ニューヨーク・シティ(NYC)での体験をご紹介します。その日は、大学時代の友人とミュージカルを鑑賞しました。そしてその後は、その友人が駅の方向を示してくれた上で分かれました。駅に向かう頃には、すっかり辺りも暗くなり、土砂降りの雨も降ってきました。当初10分の駅までの道も、方向を間違っていたので、なかなか尽きません。大雨のせいか、駅までの道を尋ねても「旅行者だから」と言って急いて歩いて行きます。

家族連れの方に迷ったことを伝えて駅についたころには、終電ぎりぎりでした。

 

朝は、「京都のように碁盤の目になっているのでわかるだろう」と安心していたNYC。しかし夜になると景色は一変します。この経験を通して、1人で旅行をするときは、日没前には、宿泊先に着くようにするなど、余裕を持った計画を立てることがとても大切だということを痛感しました。

 

 

≪予定外・予想外の出来事を楽しむ!≫

 

海外旅行に行くと、目的地に着くまでに時間がかかったり、交通手段がうまく連絡しなかったりといろいろな出来事があると思います。「あの目的地に行きたかったのに行けなかった」、「時間のロスだった」と少し残念な気持ちになることもあるでしょう。「そういうことも旅行だからこその経験!」と、楽しい気分になれると旅行から帰ったときに良い「お土産話」になります。

目的地に向かっている最中にオシャレなお店やその土地の魅力に気づくと道に迷うのも楽しくなりますね。

 

今回は、「事前の地図確認」、「余裕を持った計画」、「予想外を楽しむ」と3つのポイントをご紹介しました。旅行の仕方は、十人十色です。この記事が少しでも旅行に出るきっかけになればうれしいです!

0 件のコメント:

コメントを投稿