2021年4月3日土曜日

ようこそ、viwaのページへ。


viwaってどんな団体?団体概要はコチラ

https://www.viwa.jp/p/blog-page.html



★最新イベント情報


4月22日開催

viwa Beauty オンライン くすみ&老け肌解消で透き通る美肌になる!(スキンケアセミナー)

視覚障がい者ライフサポート機構 “viwa”: viwa Beauty オンライン くすみ&老け肌解消で透き通る美肌になる!(スキンケアセミナー)



☆ご協力のお願い


【アンケート実施】新型コロナウィルスによる視覚障害児・者のお困りごとアンケート

https://www.viwa.jp/2020/04/blog-post_78.html



★注目コンテンツ


当事者が語るラジオコンテンツ

気ままにviwa talk vol.9 弱視から全盲へ

https://www.viwa.jp/2020/11/viwa-talk-vol.html



オンラインセミナー視覚義塾2020の動画コンテンツはテーマ別に視聴可能

テーマ:アメリカにおける歩行訓練

視覚障がい者ライフサポート機構 “viwa”: 実施報告 視覚義塾2020~アメリカにおける歩行訓練~ (viwa.jp)


テーマ:海外旅行

視覚障がい者ライフサポート機構 “viwa”: 実施報告 視覚義塾2020~海外旅行~ (viwa.jp)


テーマ:地域格差

https://www.viwa.jp/2021/01/2020.html


テーマ:中途視覚障碍者の日常生活の知恵

https://www.viwa.jp/2020/12/2020.html


テーマ:読書


2021年4月1日木曜日

気ままにviwa talk vol.13 株

皆さん

viwaの竹内です!
viwa talkの更新をしました。

viwa talkとは、viwaスタッフが、日常で思ったことや感じたことを、気ままお話していく番組です。
10分くらいで短く、あまり固くならず聴いている方も気ままいてもらえる番組を目指しています!

今回のトークテーマは「ついてです。

弱視の竹内がメインパーソナリティーとなり、viwaスタッフであり弱視のゆうじさんをゲスト迎え「ついて気ままお話しています。

僕はついて全く知らず、自分とは別世界のことだと思っていましたが、今回お話を聞いて興味を持ちました。

最近はポイントでもが買えたりしたので、まずはDポイントで始めてみましたよ。
今後、僕も知識を付けて、もう少し中級編のような質問をぶつけていきたいです!

ぜひお聞きください!



URLをクリックして動画をご覧になる場合はコチラ



viwa talkでは、皆さまからのご意見、ご感想、今後話してほしいテーマなどを募集しています!
メールの宛先は info@viwa.jpです。
メールお待ちしています。 


2021年3月27日土曜日

第239回 仙台ロービジョン勉強会のご案内

以下、視覚障がいに関するイベント情報です。

なおイベント詳細は、主催者に直接お問い合わせください

===ここから===

 1 内容

テーマ 斜視について~斜視の種類と見えにくさを知ろう~

講師 東北文化学園大学 医療福祉学部 リハビリテーション学科

           視覚機能学専攻  安達 いづみ さん 

 

斜視とは、一方の眼が目標を見ているのに他方の眼の視線が目標とは別の方向へ 向かっている状態です。

両眼の視線が目標に向かっていて、両眼を同時に使って物を見ることで立体感や 奥行きが生まれます。しかし、視力に左右差があって片方の目が見えにくく上手 く使われていなかったり、眼球を動かす筋肉や神経の病気があったり、また遠視 が原因でも 、両眼の視線が合わなくなって斜視になってしまいます。そうする と、立体感は損なわれ、足元の段差がわからなかったり、物がふたつに見える、 ダブって見えにくいなどの複視があらわれ、その不具合に悩まされます。

今回は、眼球を動かす筋肉、斜視の種類やその原因、検査法や治療法など、斜視 についてお話させていただきます。


 

2 日時

2021年4月14日(水) 19時~20時半


3 会場

仙台市福祉プラザ 11階 第1研修室


4 参加費

500円 ※お釣りが要らないようにご準備いただきますよう、お願いいたします。


5 定員

35名


6 参加のお申し込み方法

資料準備の都合上、参加ご希望の方は4月8日(木)までに以下の項目をご連絡く ださい。

※メールやFAXの場合は件名に「第239回ロービジョン勉強会申込み」と記載して ください。

  (1)お名前(ふりがな)

  (2)職業(または勤務先・学校名)

  (3)連絡先(メールアドレス・電話番号など)


7 お申し込み・お問い合わせ先

アイサポート仙台 仙台市視覚障害者支援センター

電話 022-341-1728

ファックス 022-341-1729

メール sisien@sky.plala.or.jp



【仙台ロービジョン勉強会 とは・・・】

 視覚障害児・者の支援についての定例の勉強会です。月ごとにテーマが変わ り、目の病気のことから、福祉サービス、福祉機器、具体的な支援方法など内容 は多岐にわたります。2000年8月に自主的な勉強会としてスタートし、2006年4 月(第66回)からは事務局をNPO法人アイサポート仙台に置いて引き続き開催し ています。

 支援者どうしの分野や組織の枠を超えたネットワーク作り、「顔の見える関� 係」の基盤にもなっています。関心があるテーマの回のみ参加される方も大歓迎 です。ぜひ気軽にご参加ください。



新型コロナウイルスの感染拡大防止のためのご協力のお願い


 以下の5点についてはとくにご協力いただきますよう、お願いいたします。

1)いわゆる「3密」を回避する都合上、「定員」を設けさせていただきます。 そのため、参加ご希望の方は事前申込を「必ず」してください。

2)事前申込期限の前であっても申込者が定員に達した場合は、申込受付を終了 いたします。

3)ソーシャルディスタンスを考慮した会場準備をおこないますので、事前申込 なしでの当日の「飛び入り参加」はできません。

4)参加費500円はお釣りの要らないようにご準備ください。

5)マスク着用、手洗い・うがい・手指消毒などの感染防止対策にご協力をお願 いいたします。




【オンライン参加希望の方のお申込み方法など】

・オンライン参加者の定員は90名です。先着順で受け付けます。

・オンラインでの参加をご希望される方も4月8日(木)までに、オンラインでの 参加希望であることがわかるようにメールでアイサポート仙台までご連絡ください。

・折り返し、参加費(500円)の納入方法などをご案内させていただきます。

・また勉強会当日のZOOM接続方法などを記入したメールを開催日2日前の13時ま でにオンライン参加を申込みいただいた方あてに送信する予定です。

・なお、会場の通信回線事情などにより接続の途中で音声や画像が途切れるなど のトラブル発生が予想されます。またオンラインで参加しておられる方は「視聴 のみ」です。これらの点をあらかじめご了承ください。


私なりの友達の作り方

 こんにちは、ハチです。

1つ前の投稿から期間が空いてしまいましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?


前回は大学の障がい学生支援をテーマにお話をしました。多くの方から支えていただき、私は充実した学生生活を送ることができています。自分なりの工夫から多くのことを学んで成長したこと、支援を受けることを通して本当の仲間と出会えたことなどが、読者の皆様にも伝われば嬉しいです。

しかし、どのような流れで友達を作ったのか、支援者と友達との違いは何かあるのかなど、気になる点も多いことと思います。特に、新たな場で過ごすときには、友達ができるのか不安になりますよね。私も入学前は、友達を作るため、生協主催の企画に参加していました。ということで、今回は「私なりの友達の作り方」についてご紹介いたします。


まずは、私なりの友達の作り方についてお話をします。ただ、友達の数より質を私は重視している方なので、友達がそこまで多いわけではありません。私が友達を作る上で軸としていることは、自分を障がい者としてではなく一人の友人として接してくれる人を見つけることです。私の苦手なこと、困難なこと以外にできることや私なりの工夫を理解してくれる人と仲良くしたいと感じているのです。私が話しかけるきっかけとして多いことは、やはりサポートが必要となった時です。相手が初対面の場合は自分の障がいや具体的な状況説明をしっかりすることは最低限必要になってきます。

しかし、友達作りをする上で大切だと思うことがあります。それは、自分のことを伝えるだけでなく、相手のことも知ること、相手が気軽に接することができるような雰囲気を作ることです。困ったと思ったときは近くにいる人に何気なく話しかけるため、友達を作ろうと意識して話しかけたことはあまりないのですが、相手に話しかける際に心がけていることが2つあります。1つ目は何気ない話もすること、2つ目は「あなたが困った時は自分も力になるよ」と相手に伝えることです。これは、相手を緊張させないようにするため、一方的な関係にしないために行っています。もちろん、自分のことをサポートしやすくするという意図もありますが、それ以上に互いが理解し合いながら人として仲良くなる事で、自然と友達関係が構築できるよう意識をしています。


ただ、サポートを必要とする場での出会いから生じる悩みや疑問は、支援者と友達との違いについてです。これについて悩んでいるという方もいらっしゃると思います。結論から言いますと、日常的な関わりをする相手に関しては、支援者と思って接していません。つまり、一般の学生同士がお互い困ったときに助け合うのと同じように、私と友達は関わり合っているわけです。ただ、ボランティアやアルバイトなどで障がい学生支援を行っている場合は、支援をすることが目的となっているため、話は別だと思います。そのような活動の場合は、賃金が発生したり、守秘義務があったり、私的な要素を持ち込んではいけなかったりする部分もあるため、支援に専念するべきだ、と今の私は考えています。実際に、支援者と友達の線引きや違いについては、私自身が他の障がい学生への支援活動を行っている時に考えていたことがありました。


私は支援する側、支援される側という関係は、元々あまり好きではありませんでした。確かに、私は自分で出来ることは増やしつつも、困難なことに関しては人にお願いをするということを大切にしています。しかし、自分が支えられるだけでは嫌なのです。そのため、私をサポートしてくれる人は、大学の支援センターからボランティアやアルバイトとして派遣されている学生ではありません。仮に、私をサポートしてくれる人が派遣された支援者であれば、一方的な関係になる可能性もあり、互いが気を遣いながら関わることに不安を感じることもあったかもしれません。確かに、私は障がい者で助けられることは多いですが、私の得意なことや自分にしかない強みを活かして誰かの役に立つ事はできると思うのです。実際に、今では友達から正式な仕事をもらうことも出てきました。だからこそ、初対面でサポートしてもらった際に、「あなたが困った時は自分も力になるから、いつでも言ってね。」という言葉をお礼と一緒に伝えるようにしているのです。お互いが理解し合い、言いたいことを自然と言えるというのは、相手が友人というポジションだからこそできることだと思います。


さて、今回は私なりの友達の作り方をご紹介しましたが、友達の定義は人それぞれです。もしかしたら、人に助けてもらうことに対して申し訳なさを感じたり、謙遜したりする方もみえるかもしれません。また、相手と気軽に言い合える関係でないことから、自分がしてほしいことを発言しにくいと感じている方もいらっしゃるかもしれません。私のように出会いのきっかけはサポートしてもらうことでも構いませんが、そうでなくても良いとも私は思います。自分なりの方法で、友達作りを行っていただければ嬉しいです。そうすることで、一緒にいて心地良いと思える「本当の仲間」と出会えるかもしれません。


 ハチ

第80回HOTPOTの会開催のご案内です。

以下、視覚障害に関するイベント情報となります。

なおイベント詳細については、主催団体に直接お問い合わえください


===ここから===

『音声ガイド付きで、だれもが映画やテレビを楽しめる環境づくりを目指して』

 今回は、耳で聴く映画「シネマ・デイジー」の発案者でもある日本ライトハウスの

林田しげるさんに、音声ガイド付きで楽しめる映画の魅力や、映像を説明するときの

“ことば選び”、説明するときの優先事項など、製作の裏話も交えてお話しいただきます。

 視覚障害のかたへ説明するうえでのヒントが見つかるかもしれません。

まだ、シネマデイジーを聴いたことがないかたには、オススメ作品を3つご紹介しますので、

良かったらぜひ聴いてみてください。

シネマデイジー『 バースデーカード 』

他界した母から娘に毎年届くバースデーカードを通して母と娘の深い絆を描く人間ドラマ。

シネマデイジー『 岳(がく)』

人気コミック「岳(がく) みんなの山」を原作に、山岳遭難救助をリアルに描いた

山岳ドラマ。

シネマデイジー『 逃亡者 』の3作品 

妻殺しの罪を着せられた医師が警察に追われながらも真犯人を見つけ出すというサスペンス映画。

皆様のご参加をお待ちしております。

 プロフィール【林田 しげる】

日本ライトハウス 情報文化センター サービス部長

  2004年日本ライトハウス入職。製作部(録音図書製作係)を経て

2011年総務部

2020年サービス部に異動現在に至る。

バリアフリー上映会など、地域・関係団体と連携して多数のバリアフリー企画を担当。

また、障害のかたが楽しめる耳で聴く映画「シネマデイジー」を発案し全国に展開。

障害者放送協議会委員

日本盲人社会福祉施設協議会(情報アクセシビリティ委員)

全国視覚障害者情報提供施設協会(シネマデイジープロジェクト委員長)

NPO法人メディアアクセスサポートセンター理事代行。

●日時:2021年4月16日金曜日

●スケジュール

18時30分:受付開始

19時00分:講演

20時20分:質疑応答

20時50分:終了

●会場/定員/参加費について

①リアルでの参加の場合

会場:日本ライトハウス情報文化センター4階第1会議室

(アクセス/大阪メトロ四つ橋線 肥後橋駅2番出口すぐ)

定員:20名 

先着順といたします。

協力金:おひとり500円

②オンラインでの参加の場合

会場:自宅等ZOOMによる視聴 

申し込み後、URLをお送りいたします。

定員:100名程度

先着順といたします。

当日は視聴のみとさせていただきます。

参加費:無料

●申し込み方法:

①又は②どちらか選択の上、

赤堀浩敬 <a_hironori1@yahoo.co.jp>で

参加表明を4月14日(水)までにお願いします。

定員になり次第締め切りとさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

①リアル参加の場合、同伴者等 ご一緒される方がいる場合は本人と共に入場する方

のお名前もメールアドレス<a_hironori1@yahoo.co.jp>で明記してお申し込みください。

新型コロナによる 入室人数制限により、参加人数を正確に把握する必要があります。

なにとぞご協力ください。

※交流会終了後、有志による懇親会はありません。

2021年3月19日金曜日

viwa Beauty オンライン くすみ&老け肌解消で透き通る美肌になる!(スキンケアセミナー)

 皆さま

こんにちは!viwaの奈良里紗です。

4月のviwa Beauty オンラインは、くすみ&老け肌解消をテーマにセミナーを実施します。

初夏を迎えるこれからの時期、外を歩くのは気持ちいい一方で、気になるのが紫外線。
乾燥・くすみなどの肌トラブルがある方は、紫外線の影響を受けやすくなります。

いつまでも透き通るような肌でいたい!
けど、どうしたらよいのかわからない・・・
という方のために透明感のある美肌について掘り下げます。

さらに、前回のセミナーでご要望の多かったお顔のセルフマッサージやツボ押しにも着目!
アイクリームと名の付くクリームをもっているけど、いつもぺたぺたつけるだけ・・・
これで果たして効果があるのかな?
と思っている方もいるのではないでしょうか。

今回も株式会社ファンケル様にご協力いただき開催いたします。

オンライン形式ですので皆さまの肌を直接触ることはできません。
しかし、触ることができないからこそ、おひとりずつ丁寧に言葉でやり方をお伝えしていきます。
気になる目元や口元の周辺のお手入れ、この機会にぜひマスターしてみませんか!?

オンラインセミナーですので、ビューティブーケをご自宅にお送りさせていただき、当日、使い方のレクチャーを受けながらスキンケアをします。

以下、セミナー参加者の皆さまに送付する商品のご紹介です。
今回は、クレンジング、洗顔、化粧液、ゲルの4商品をセットにしてお届けします。

ビューティブーケは発芽米発酵液を使用した、肌を柔らかくほぐすことができるスキンケアです。
年齢を重ね、硬くなった肌やスキンケアの浸透が気になる方にお勧めです!
①クレンジングオイル(2,200円相当)
 どんなメイクも素早く・しっかり落ちる!洗い上がりしっとりのクレンジングオイル。
②やわ肌泡洗顔(1,560円相当)
泡立て不要で、プッシュするだけでキメ細かいふんわり泡ができる洗顔料。
③化粧液 とてもしっとり(3,960円相当)
濃密なとろみのある感触なのにスッと浸透しうるおい続くもっちりハリつや肌へ導く化粧液
④ピンツヤホワイトゲル(5,280円相当)
この1本で保湿・美容液・パック・マッサージ・アイケア、5つの機能を叶えるオールインワン。

本セミナーでは、③と④を実際に使います。
①と②は説明のみ行う予定です。





初めての方でも安心して参加していただけるよう少人数制となっております。
そして、今回も参加者の中から1名様に* sweetie pie *のオーダーメイドアクセサリーをプレゼント☆
下記、イベントの詳細です。この情報は転送・転載歓迎です。

- 記 -

日時:2021年4月22日(木)10時~11時10分(70分)
開催方法:zoomを使用したオンライン形式
主催:視覚障がい者ライフサポート機構“viwa”
共催:株式会社 ファンケル
協力:* sweetie pie *(スイーティーパイ)
https://instagram.com/sweetie_pie_sami_

参加費:2,000円(商品発送費、事務手数料等含む)
※会費は事前のお支払いをお願いいたします。
支払い方法の詳細はお申込みいただいた方へご連絡いたしますが、Paypal(クレジット決済)、ゆうちょ銀行への振り込みを予定しています。入金確認後、参加に必要な情報をお送りします。
なお、入金後の参加費の払い戻しは対応いたしかねますので、あらかじめ、ご了承ください。
定員:6名限定(初心者向け)
※先着順となります。お早めにお申し込みください。

申込締切:2021年4月16日(金)
お問合せ:info@viwa.jp(viwa事務局 担当 奈良・山本)

【対象】
・視覚に障がいのある女性
※障害者手帳の有無は問いません。
・zoomへの接続が問題なく行える方
(viwaではzoom接続に関するサポートは致しておりません。)

【お申込み方法】
メールの件名を「4/22viwa Beauty申込」としていただき、下記必要事項をご記入の上、info@viwa.jpまでお申し込みください。
お申し込み後2日以内に、受け付け受領およびお支払方法に関するメールを事務局よりお送りします。

<必要事項>※項目名末尾の「*」は必須項目です。
・氏名(漢字)*
・氏名(ふりがな)*
・障がいの状態(弱視・全盲等)*
・年齢 *
・メールアドレス*
・電話番号*
・支払い方法*
 →いずれかよりお選びください(クレジットカード決済 / ゆうちょ口座振り込み)
 ※口座振り込みの場合は振込手数料はご負担願います。
・商品送付希望先住所


※時間指定を希望される場合は追加料金300円を申し受けます。


【当日の流れ】
9時30分 接続&カメラテスト開始
※接続方法に不安のある方は、9時30分になりましたら、接続テストをお願いします。
※メイクアップチェックタイムを設けています。普段の自分のメイクがきれいにできているのかどうか講師にチェックを希望する方はお早めに入室していただき、その旨、お知らせください。
10時 セミナー開始
・講師自己紹介
・参加者自己紹介
・スキンケア&アイケアマッサージについてのレクチャー
11時10分 終了(予定)
※当日の進行により多少前後することがあります。

なお、当日のセミナーの様子を写真撮影させていただきます。
写真はファンケルのホームページ等やviwaのブログに掲載させていただく場合がございますのでご了承下さい。

案内は以上です。


それでは、皆様とオンラインでお会いできることを楽しみにしております。
 
#ファンケル #ビューティーブーケ #オンラインセミナー #視覚障害 #スキンケア #初心者歓迎 #美白 #アイクリーム #マッサージ

viwa 奈良里紗

2021年3月18日木曜日

第4回 親子でオンラインお料理教室のご案内

皆様

こんにちは。viwaの奈良里紗です。


お待たせしました!

毎回、子どもからもパパママからも大好評のオンライン料理教室、春休みも開催が決定しました!


今回のメニューは、簡単なのに栄養たっぷりのポトフ。

色々なお野菜を包丁で切ってみましょう。


京子先生のお料理教室のすごいところといえば、夕飯のおかずだけでなく、一緒にデザートも作れること!


いつも忙しいパパママたちにとって、夕飯の準備&デザートまでできて一石二鳥!


今回のデザートは、なんと、いちご大福!

子どもたちからの熱烈なリクエストによりやってみることにしました。

食べたことはあっても、作ったことはなかなかないであろういちご大福。今から楽しみです。


ぜひ、親子そろってご参加ください!


- 記 -

本日のメニュー

・ポトフ

・いちご大福





 



講師:柏木 京子さん

プロフィール

家庭料理研究家

オンライン料理教室主宰


ホームページ 

https://www.cook-coach.com

ブログ

https://ameblo.jp/kenkoup


日時:2021年4月1日(木)14時~15時30分ごろまで(予定)


開催方法:zoomを使ったオンライン形式(オンライン料理教室のため、ビデオ付きでご参加ください)


主催:視覚障がい者ライフサポート機構〝viwa”


参加費:無料


対象:視覚に障がいのあるお子さんとそのご家族(保護者が視覚障がい者という親子の参加も歓迎します)


定員:6家族

※定員になり次第、お申込みを締め切ります。参加希望の方はお早めにお申し込みください。

締切:2021年3月25日(木)


【お申込み方法】

下記必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。


お申し込み先: info@viwa.jp


<必要事項>※項目名末尾の「*」は必須項目です。

・件名:第4回親子料理教室申込*

・保護者氏名(漢字)*

・保護者氏名(ふりがな)*

・お子さんの名前(漢字)*

・お子さんの名前(ふりがな)*

・お子さんの年齢*

・電話番号*


皆様のご参加をお待ちしております。


key words #お料理教室 #オンライン #親子 #弱視 #ロービジョン #全盲 #視覚障害 #調理


viwa 奈良里紗


2021年3月15日月曜日

実施報告 視覚義塾2020~アメリカにおける歩行訓練~

 皆さま

viwa事務局です。
2月14日に実施しました「視覚義塾2020~アメリカにおける歩行訓練~」にご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

多くのお申込みと事前に寄せられたご質問から、このテーマへの関心の高さを感じました。

お待たせしました。
当日の講演部分の動画ができましたので下記よりご覧ください。




URLをクリックして動画をご覧になる場合はコチラ

今回、講師を務めてくださったリビーさんへのインタビューをまとめた本が出版されました。
アメリカでの歩行訓練士養成、盲導犬協会のこと、教育における歩行訓練の位置づけなど、セミナーでは紹介しきれなかった内容が盛りだくさんです。

kindle版はvoice overで読み上げ可能なデータとなっております。
アマゾンのみの販売となります。
よろしければ参考になさってください。

Amazon.co.jp: アメリカの歩行訓練士養成課程での学び eBook: 奈良 里紗, 佐藤 由希恵: Kindleストア

#歩行訓練 #視覚障害 #アメリカ #盲導犬 #弱視 #ロービジョン

viwa 事務局

2021年3月8日月曜日

実施報告 視覚義塾2020~海外旅行~

皆さま

こんにちは。viwa事務局です。

 さて、本日は海外旅行をテーマに実施した「視覚義塾2020~海外旅行~」の実施報告をさせていただきます。

コロナ禍ということで、なかなか気軽に海外旅行へ行くことはできません。
今はじっくり計画を練る時なのかもしれません。

視覚障がいのある方やご家族、健常者の方々からも 
「どうやって海外旅行にいくのですか?」
「見えないのに、旅行を楽しめるのですか?」
「そもそも、海外へ行くなんて危険じゃないですか?」
などなど様々なご質問をいただきます。

今回のセミナーでは、旅慣れた3名の方にご登壇いただき、 ご自身の旅の思い出、旅のノウハウ、旅ができるようになるまでのプロセスなどをご紹介いただきました。

このセミナー終了後は、皆さん口々に 
「海外にいきたくなった!」
と話していらっしゃったのが印象的でした。

ぜひ、下記より当日の様子をご覧ください。


URLをクリックして動画をご覧になる場合はコチラ



ご参加いただきました皆さま、 ご視聴いただきました皆さま、ありがとうございました!
 また、何かご質問・ご要望などございましたら事務局(info@viwa.jp)までお知らせください。

 #海外旅行 #視覚障害 #一人旅 #飛行機 #出張 #留学


 viwa 事務局

2021年3月2日火曜日

中途視覚障がい者が大学で働く上での工夫

皆様 
こんにちは。
佐藤 正純です。
 
今回は私が中途で視覚障がい者となってから大学で教鞭をとるようになるために行った工夫を紹介します。 

瀕死の重傷で失明や歩行困難などの重度障がい者となった私は 医学の知識と経験を生かして若い学生を教えることが唯一の社会復帰のチャンスと考えて機能訓練を続け6年後に社会復帰してから今日まで19年間 基本的に大学や専門学校の非常勤講師として医学の講義を仕事としてきましたので、まずはそれについてお話します。 

失明を含む重度障がい者となって脳神経外科医としての復職が不可能となった私がまず考えたことは、 自身の医学知識を生かして教育の仕事を目指す他には社会復帰の道はないということでした。 
その手段として墨字や点字は非現実的で、音声読み上げソフトというソフトは視覚障がい者が自立するための画期的なITであり、 その技術を習得するための恩師に恵まれたことが私の社会復帰のための最初のステップになりました。 

次に、教壇に上がって学生に講義をするためには、まずそのために必要な情報を集めて講義資料を作成しておくことが必要で、 教科書から情報を得ることが不可能な視覚障がい者は非常に不利な立場にあります。 しかし、私の場合幸いにも最初は医学史や医学一般という項目の中で講義のシラバスは私の思うように作成しても良いと任せていただき、 必要な情報はインターネットで検索してくれる同級生や後輩、知人などに恵まれたことで、 比較的速やかに情報を収集することができ、その情報から自分なりの教科書を1冊完成させることには大変な労力を必要としましたが、 逆に自分のペースで講義プログラムを完成させることができたのは有利だったのかもしれません。 

そのうち私は障がい者団体を通して知り合ったテキストボランティアの方に既存の教科書をそのままテキスト化していただいて読むことができるようになったため、 大学のプログラムに従って講義を進めていくこともできるようになりました。 とは言っても、教壇に上がって全く視力に頼ることなく90分の講義内容をすべて自分の記憶だけで達成することは難しいことで、 私の専門である脳神経外科の講義などは立て板に水ですらすらと90分話すことができても、 専門外の科目を依頼された時には最初のうちは記憶に頼って60分ほど話すことができても 最後には話すことがなくなってしまって終了のチャイムが待ち遠しいなどと思ったこともありました。 

そうしたことが起こらないようにするため、講義資料は1週間に1日の講義のために1週間毎朝4時に起床して教室で読みながら私の講義を聴いてもらうために学生に配布するものと、私が学生にわかりやすく説明するために講義前日までに作成してICレコーダーに録音して自分が何度も読んで記憶するためのものと二つを作成します。 講義前日は記憶すべき資料を何度も読んで、翌日に朝寝坊しないために晩酌はせずに早めに就寝します。 当日は目覚ましで3時に起床して軽く朝食をしたらまた1時間資料を読み返して4時30分に出勤。 確実に座れるように始発電車に乗って大学まで3時間の通勤の間、車内ではずっとICレコーダーで資料を読んで記憶を確かめながら過ごします。 大学には講義が始まる1時間前に到着します。 

それは、視覚と歩行に障害がある私が通勤のための歩行訓練の先生に指導を受けた時に厳しく指導されたことで、 自分が約束の時間に遅れそうになって急いだりするのは危険だということを自覚して、十分な余裕をもって通勤しなさいと言われたためです。 そのおかげで、もしも電車が遅れるようなことがあっても余裕をもって早めに大学に 到着することができますし、 そんな時は遅刻して来た学生や先生方よりも先に到着した私が待っているということも多くなって、大学内での私の信頼を増すことにもなります。 大学に到着してトイレや他の先生との打ち合わせをする以外は、また資料を読みながらどのように話を進めるか頭の整理を進めて準備をします。 こうして早起きして万全の準備をすることで、どうにかその日の3時間の講義を無事に達成することができるわけです。 

そんな生活を私の努力と呼んでくださる方もいますが、 これは障がいを負った私がハンディを克服するために考え出した方法で、 努力というより工夫と呼ぶべきものだと考えています。 つまり障がい者はまず自分のハンディを素直に認めて、必要な場合は健常者の協力を求めること。 そして、そのハンディを克服するために様々な方法を考えて工夫することが仕事を続けるために必要だと思います。 

(ウサギとカメ)という民話は世界中いたるところにあるそうで、 日本の(ウサギとカメ)はのろまなカメでも努力すればウサギに勝てることがあると努力の大切さを教えています。 

ところがアフリカのカメルーンの(ウサギとカメ)では カメがウサギとの競争の前日に、仲間を会場の途中の区間ごとに並べて配置しておいて ウサギをかく乱して勝利するという話で、弱者でも仲間の協力と工夫があれば強者と闘えるという教えなので、 
私はいつもこの話を思い出して、障がい者にとっての座右の銘にしています。

2021年2月22日月曜日

気ままにviwa talk vol.12 盲導犬について③ 貸与の流れとまとめ編

 皆さん

viwaの竹内です!

viwa talkとは、viwaスタッフが、日常で思ったことや感じたことを、気ままにお話していく番組です。
10分くらいで短く、あまり固くならず聴いている方も気ままに聴いてもらえる番組を目指しています!

今回のトークテーマは「盲導犬について③ 貸与の流れとまとめ編」です。

竹内がメインパーソナリティーとなり、日本盲導犬協会の郷さんと、盲導犬ユーザーの板島さんをゲストに迎え気ままにお話しています。

前回の「盲導犬について② 行動編」に引き続き三本目です。
この三本目で盲導犬シリーズは最後です。

お話をしてみて他人事ととして捉えていた盲導犬について身近に感じ、自分が利用してみたらどう変わるだろうかと想像するようになりました。

協会にもよりますが、全盲の方や、障害者手帳を持っていなければ、対象ではないと思っていましたが、そんなことはありませんでした。

ぜひお聞きください!



URLをクリックして動画をご覧になる場合はコチラ

viwa talkでは、皆さまからのご意見、ご感想、今後話してほしいテーマなどを募集しています!
info@viwa.jp までご意見お寄せください。
メールお待ちしています。

日本盲導犬協会ホームページ
http://www.moudouken.net/



気ままにviwa talk vol.10 盲導犬について① お世話編


URLをクリックして動画をご覧になる場合はコチラ


気ままにviwa talk vol.11 盲導犬について② 行動編



URLをクリックして動画をご覧になる場合はコチラ






2021年2月12日金曜日

気ままにviwa talk vol.11 盲導犬について② 行動編

 皆さん

viwaの竹内です!

viwa talkは、viwaスタッフが、日常で思ったことや感じたことを、気ままにお話していく番組です。

10分くらいで短く、あまり固くならず気ままに聴いてもらえる番組を目指しています!

今回のトークテーマは「盲導犬について② 行動編」です。

竹内がメインパーソナリティーとなり、日本盲導犬協会の郷さんと、盲導犬ユーザー
の板島さんをゲストに迎え盲導犬について気ままにお話しています。

前回の「盲導犬について① お世話編」に引き続き二本目です。
盲導犬を利用することで、行動制限されたりするのではないかと考えていましたが、そんなことはなく安心し行動が広がることがわかりました。

ぜひお聞きください!


URLをクリックして動画をご覧になる場合はコチラ


viwa talkでは、皆さまからのご意見、ご感想、今後話してほしいテーマなどを募集しています!
info@viwa.jpまでご意見をお寄せください。
メールお待ちしています。

日本盲導犬協会ホームページ
http://www.moudouken.net/


気ままにviwa talk vol.10 盲導犬について① お世話編



URLをクリックして動画をご覧になる場合はコチラ





2021年2月8日月曜日

viwa Beauty オンライン おうちであなたのもっときれいを応援!女性向けスキンケアセミナー

 ※こちらのイベントは定員に達したため、受付を終了いたしました。

皆さま

こんにちは!viwaの奈良里紗です。

3月のviwa Beauty オンラインは、女性向けスキンケアセミナーです。

昨年開催し、大好評だったスキンケアセミナー。
応募者多数でご参加いただけなかった方もいらっしゃいましたので再び企画しました!

「この年までスキンケアは我流でして・・・」
という方が大変多くいらっしゃるのがスキンケア。

肌によかれと思っていたことがかえって逆効果になっていることも・・・。
この機会に正しいスキンケアの方法を学びませんか?

アイメイクなどと違って、スキンケアは頑張っただけ触り心地としてフィードバックがあるので見えない・見えにくい女性にも楽しんでいただける部分かと思います。

何より、素肌がきれいだとそれだけで気分もあがりますよね!
今回のオンラインセミナーでも株式会社ファンケル様よりエンリッチという無添加スキンケア商品をご提供いただきます。

以下、エンリッチのご紹介です。
エンリッチは、ハリ、弾力が気になり始めた肌のためのスキンケアです。
コラーゲンの質に着目したエイジングケアライン。
とろみのある化粧液に美容成分を凝縮しました。
乾燥やハリ、弾力にお悩みがある方は、ぜひ参加してみてください。



オンラインセミナーですので、このエンリッチ化粧液とエンリッチ乳液をご自宅にお送りさせていただき、当日、使い方のレクチャーを受けながらスキンケアをします。

初めての方でも安心して参加していただけるよう少人数制となっております。

そして、今回も参加者の中から1名様に* sweetie pie *のオーダーメイドネックレスをプレゼント☆
間もなく、春爛漫の季節到来です。お肌のコンディションをばっちり整えましょう。

下記、イベントの詳細です。この情報は転送・転載歓迎です。

- 記 -

日時:2021年3月11日(木)10時~11時10分(70分)
開催方法:zoomを使用したオンライン形式
主催:視覚障がい者ライフサポート機構“viwa”
共催:株式会社 ファンケル
協力:* sweetie pie *(スイーティーパイ)
https://instagram.com/sweetie_pie_sami_
参加費:1,000円(商品発送費、事務手数料等含む)
※会費は事前のお支払いをお願いいたします。
支払い方法の詳細はお申込みいただいた方へご連絡いたしますが、Paypal(クレジット決済)、ゆうちょ銀行への振り込みを予定しています。
入金確認後、参加に必要な情報をお送りします。
なお、入金後の参加費の払い戻しは対応いたしかねますので、あらかじめ、ご了承ください。
定員:6名限定(初心者向け)
※先着順となります。お早めにお申し込みください。
申込締切:2021年3月7日(日)
お問合せ:info@viwa.jp(viwa事務局 担当 奈良・山本)

【対象】
・視覚に障がいのある女性
※障害者手帳の有無は問いません。
・zoomへの接続が問題なく行える方
(viwaではzoom接続に関するサポートは致しておりません。)

【お申込み方法】
メールの件名に「3/11viwa Beauty申込」と必ず記載願います。
下記必要事項をご記入の上、info@viwa.jpまでお申し込みください。
お申し込み後2日以内に、受け付け受領およびお支払方法に関するメールを事務局よりお送りします。

<必要事項>※項目名末尾の「*」は必須項目です。
・氏名(漢字)*
・氏名(ふりがな)*
・障がいの状態(弱視・全盲等)*
・年齢*
・メールアドレス*
・電話番号*
・支払い方法*
 →いずれかよりお選びください(クレジットカード決済 / ゆうちょ口座振り込み)※口座振り込みの場合は振込手数料はご負担願います。
・商品送付希望先住所

※日付・時間指定を希望される場合は追加料金300円を申し受けます。


【当日の流れ】
9時30分 接続テスト開始
※接続方法に不安のある方は、9時30分になりましたら、接続テストをお願いします。
10時 セミナー開始
・講師自己紹介
・参加者自己紹介
・フレッシュクリアシートを使用したふきとり
・エンリッチ化粧液 説明、つけ方レクチャー
・エンリッチ乳液 説明、つけ方レクチャー
11時10分 終了


なお、当日のセミナーの様子を写真撮影させていただきます。
写真はファンケルのホームページ等に掲載させていただく場合がございますのでご了承下さいませ。


案内は以上です。


それでは、皆様とオンラインでお会いできることを楽しみにしております。

#ファンケル #エンリッチ #オンラインセミナー #視覚障害 #スキンケア #初心者歓迎


viwa 奈良里紗

2021年1月30日土曜日

障がい学生支援を受けて

こんにちは、ハチです。

前回の記事を読んでくださった皆さん、ありがとうございます。前回の記事のテーマは大学進学についてでしたね。私は大学への進学を決意して歩き出したわけですが、前回の記事で日本福祉大学を選んだ理由として、他の大学と比べて比較的障がい学生支援に力を入れているからと述べています。具体的にどのような面で障がい学生支援が整っていると思うのかということについて、皆さんも気になるかと思いますので、今回はそちらに焦点を当ててお話させていただきたいと思います。

さて、大学での支援とはどのようなものだと、皆さんは思いますか?講義を受ける上での配慮、試験を受ける上での配慮など様々なことが思い浮かぶかと思いますが、大学生活を送る上で必要となる配慮は1人ひとり異なります。私と同じ弱視の学生でも、講義の資料を紙媒体で見ている人もいますが、私にとって紙媒体はフォントや文字サイズをその時に応じて変化できないため扱いにくく感じてしまいます。そのため、講義資料などはデータで管理をできるようにしています。一般的にも学生生活を送るにあたって、パソコンは必須アイテムですが、本学では障がい学生が補助具を購入する費用に関して、大学に申請を行う事で援助金が給付される仕組みになっています。私もこれを利用してパソコンを1台購入することができたため、講義の受講、学生生活での活動を行うにあたって自分の目にかかる負担を減らすことができました。

講義を受けるにあたっては、大学だけでなくそれぞれの科目の先生方にも配慮をお願いしています。具体的には資料や課題のデータでの送受信、携帯端末での板書の撮影・講義内容の録音許可、講義や試験でのパソコン使用許可、課題や試験の時間延長です。

また、私が講義を不自由なく受けることができるようにするために、友達も板書の内容を書きとってノートをまとめたり、一緒に最前列で授業を受けて資料の説明をしたりして、サポートに入ってくれています。日本福祉大学の障がい学生支援は「ともに学び、ともに育つ」という考え方を軸にして展開されており、ボランティア活動などを通して、学生同士が助け合ってキャンパスライフを送れるようにもなっています。先生にお願いしたことも場合によっては実現できないことがありますし、先生によって対応が異なることもあるため、困った時にお願いできる仲間がいることはとても有難く感じる点です。

 私が実際に本学の障がい学生支援を行って良かったと思う点は2つあります。1つ目は自らの成長につながったことです。本学には学生支援センターという機関が大学内に設けられており、1人ひとりに合った支援が行われています。私も入学前に面談を行って障がいの状況を丁寧に把握してもらったり、入学後にも先生やボランティア学生へ繋いでもらったりしています。とは言っても大学ですので、受動的ではなく能動的に動いていかなければならないと私は思います。障がいの特性、自分の出来ること、配慮してもらいたいことを自分でしっかりと理解し、分かりやすく伝えることが求められるのではないでしょうか。私は小学校が一般校であったこともあり、伝える上で苦労したという点はあまりありません。しかし、大学進学によって自分の障がいについて伝える場面が増えたことで、自分なりの工夫を加えて説明することができるようになりました。発信する上での具体的な工夫については、障がいの特性の発信についての記事に書きましたので、そちらも是非読んでいただければと思います。また、お願いしてやってもらえるからと言って甘えることのないように、自分のできることをなるべく増やそうと努力したという点でも、自分自身の成長に結びついたと感じています。2つ目は本当の自分を理解してくれる仲間ができたことです。自分が成長できているのは、自分の経験だけが影響しているわけではないと思います。それは、困った時に周りの学生に対して、気軽に相談できる環境が整っているおかげでもあります。入学当初の私は友達ができるか不安でしたが、ある日自分と同じ講義を受けている人に対して、自分が困っていることを伝えてみました。そうしてみたところ、私のことを理解して支援してくれる人がおり、安心することができました。それだけでなく、私の障がいを個性の1つとして捉えて、障がい学生としてではなく友達として接してくれる人も出てきました。このように、障がい学生支援を通して私を広い意味で理解してくれるような本当の仲間に出会えたからこそ、私の学生生活は充実したものへとなったのだと思います。

 ということで、これまで私の受けている支援と、それを受けて良かったと感じることを紹介してきました。私自身が大学生活を送ることができているのは、多くの方が協力してくださっているおかげです。いつも支えてくださっている方々に対し、この場をお借りして御礼申し上げます。

viwa
ハチ

【NEXT VISION】2月15日開催 ICTセミナー iPhone・iPad活用ラウンジのお知らせ

  以下、viwaに寄せられたイベント情報です。

なおイベント詳細は、各主催者にお問い合わせください。


===以下、イベント情報です===

公益社団法人NEXT

VISIONでは、毎月オンラインで、ICTセミナー iPhone・iPad活用ラウンジを開催しています。

みなさんご存知の三宅 琢 先生と情報マスターの和田

浩一(わきち)さんがナビゲーターとなり、iPhoneやiPadをさらに便利に有効活用する方法やアプリをご紹介します。

さらにスペシャルゲストとして御園政光さんをお迎えしてICTの最新情報をお聞きします。

また、後半の16時からは井上直也さんがみなさんの質問に個別にお答えします。

どなたでも参加できますが、Zoomを使って開催するのでお申し込みが必要となります。

みなさまのご参加をお待ちしています


申込は下のリンクからお願いします。

https://vision-care.nextvision.or.jp/ipad_lounge/


お申込みいただいた方には折り返し、Zoomに参加するためのリンクをメールでお送りします。

お申込み後、24時間以内に返信メール(Zoomのリンク)が届かないという場合はお手数ですがNEXT

VISIONまでご連絡くださいね。


※開催日当日のお問合せには対応できない場合がありますので予めご了承ください。

なお、Zoomのリンクがないと参加できませんので、必ず事前にお申し込みをお願いします。


スマートフォンやパソコンからZoomミーティングに参加する方法は日本ライトハウス

情報文化センターさんの動画を参考になさってください。下記リンクです。

https://www.youtube.com/watch?v=hghYQe0-Cdo


過去のラウンジ動画(音声のみ)は下記リンクからご視聴いただけます。

今後開催分も随時アップしていく予定です。

https://youtube.com/playlist?list=PLaAxTmZ-4ULDoS7Xrd-Q2eIe43KFEYgQb


助成:日本財団

弱視大学生のアルバイト体験談

  大学生になると、「サークルは何にした?」「車の免許取った?」「アルバイト始めた?」というような会話が増えますよね。みんなは簡単に挑戦できることでも弱視の私たちにとってはとても大きな挑戦であったり、車の免許に関しては残念ながら視力的に不可能であったりします。これらが弱視故に難しいということは、個人的にはできるだけ言いたくないので、特に車の免許を取らない理由には今でも悩まされます…。そんな中でも、私は大学生からは交通費や娯楽などはすべて自己負担になったため、アルバイトに挑戦しました。今回はそのアルバイトについて記事にしていこうと思います。


 まず、アルバイトを始めるにあたってとても参考になったことは、弱視の先輩の経験談です。幸いにも私には相談できる弱視の先輩がたくさんいて、スーパーの品出しを経験されてきた方が多くいたので、それに挑戦することに決めました。さらに、面接に行ったスーパーの店長が障がいに対してとてもご理解のある方で、一発で採用させていただけました。面接時には自分の見え方、できそうなこと、難しそうなこと、想定される問題など細かく伝えて、次のような配慮もお願いしました。


・商品名や産地、日付など、小さな文字が見づらい→ルーペの持ち込み可

・時計が見づらい→スマホの持ち込み可

・お金が見づらい→レジの業務は外れる(普通アルバイトは品出し+レジというお話でした)

これらのお願いも快く受け入れてくださり、青果部で働くことになりました。以下、主な仕事内容です。

・品出し

・1/2キャベツ、1/2大根などの野菜のカット

・ラップor袋詰め

・商品名、産地、値段のシール作成&貼付


レジの業務を外れること、そして都合の合う時間帯の関係により、カットという包丁を使う業務がプラスされましたが、挑戦させていただきました。目が悪いことに加えて、今まであまり包丁を使ってこなかったこと、驚くほど手先が不器用であることで最初はとても難しかったのですが、7か月ほど経った今では慣れと成長を実感しています。また、私の視力では比較的小さな文字も近づければ見えるので、ルーペを備え、品が出ている場所をなんとなく覚えておきながら、品出し、シールの業務もこなすことができています。青果部の環境もチーフを始め、4人の社員さんやパートさんが丁寧に教えてくださり、目のことも理解していただいているので本当に恵まれていると感じます。


 スーパーでのアルバイトで自信をつけた私は、スーパーでやっている内容に近い短期アルバイトにも2回挑戦しました。どちらも目が悪くなかったら簡単な作業だと思いましたが、弱視の私にとってはとても過酷な時間でした。そう感じた要因は環境にあると思います。どちらも広い工場のような場所での作業で、細かく丁寧に教えてもらえるわけではなかったからです。さらに目が悪いことをわかってもらえず隠しながらやっていたことも要因の一つです。面接で目が悪いことを伝えても、工場など広い場所であると、一緒に作業する人には伝わっていないことが多く、短期であるため、より良い関係を築くことも難しいので、短期アルバイトや派遣アルバイトは弱視の私たちには厳しい環境だと思いました。

 

以上が、私が経験してきたアルバイトの内容や感想です。アルバイトを始める上でまず大切なことは、面接に挑戦すること。大きな不安はあると思いますが、勇気をもって新たな一歩を踏み出すことが大切です。また、私は運よく一発ですばらしい環境に恵まれましたが、そこに出会える運も必要かもしれませんね。出会えなかったとしても“当たって挫けろ”の精神で切り替え、何度も挑戦しましょう!そして最後に、短期アルバイトをやってみてわかったことが!それはこのご時世なので、かごやカート、手すりなどを消毒するアルバイトがあるということです。これなら目を使うことも少ないので、弱視の方でもとてもやりやすいと思います。私の経験が少しでも役に立てばと思います。まずは勇気をもって挑戦してみましょう!


viwa

羽生

 


2021年1月22日金曜日

viwa Beauty オンライン サプリメントを活用して健美力UP!上手なサプリの選び方(男女参加可)

 皆さま


こんにちは!viwaの奈良里紗です。

このコロナ禍において、健康に意識が向くようになった!
また、初詣では一年健康に過ごせますようにと願った方も多いのではないでしょうか。

誰もが望む健康な生活、それをサポートしてくれるのがサプリメントです。
でも、正直、サプリメントって世の中にたくさんありすぎてどうやって選べばよいか分からない・・・

そもそも、効果があるのかどうかもわからないことが多いのではないでしょうか。
実は私もその一人でして・・・サプリメントなんて効果ないだろうと思っていました。笑
私は必ず、ある時期になると口内炎ができるという悩みがありました。
ビタミンも多く摂取しているはずなのに・・・こういう体質なのだろうと諦めていました。
この悩みをファンケルのサプリメント電話相談窓口の方に伝えたところ、ビタミンB群を紹介していただきました。

これまでもあれこれ試していたので半信半疑でしたが何事もやってみないとわからないので試してみることにしました。

すると、不思議なことにここ数か月、口内炎ができていないではないですか!
健康の基礎基本は食事や適度な運動ですから、サプリメントで全て解決というわけにはいきませんが上手に生活に取り入れることで生活の質が向上するかもしれません。

ありがたいことに、ファンケルさんでサプリメントを電話で購入するときにタッチマークシールといって触ってわかるシールを商品に貼って発送をしてもらうことができます。
そのサービスを利用する場合は、電話に出たオペレーターの方に「商品にタッチマークシールを貼って届けてほしい」とお伝えください。
サプリメントの袋って、塩昆布とかごま塩とかの袋と似たような触り心地なので(笑)
あらかじめ、指定したシールを貼って発送してもらえるのは本当に助かります。

もしかしたら、あなたの健康や美しさを応援できるかもしれない、そう思い、今回の企画を実施することになりました。
サプリ初心者の方も、
あれこれ試したけど、自分にあうものがなかったという方も、
この機会にサプリに関する理解を深めてみませんか?

今回は、参加者の皆さまのお手元に青汁をお届けさせていただきます。


1食分のケール青汁 30本入り(3,000円相当)
1杯に、緑黄色野菜1食分のケールの生葉40gを粉末にした青汁です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、今の季節気になる免疫力アップにもよいのでおススメです!

初めての方でも安心して参加していただけるよう少人数制となっております。
そして、今回も参加者の中から1名様に* sweetie pie *のオーダーメイドネックレスをプレゼント☆
この機会にぜひ一緒に健康で美しくなりましょう。
下記、イベントの詳細です。この情報は転送・転載歓迎です。

- 記 -

日時:2021年2月25日(木)10時~11時10分(70分)
開催方法:zoomを使用したオンライン形式
主催:視覚障がい者ライフサポート機構“viwa”
共催:株式会社 ファンケル
協力:* sweetie pie *(スイーティーパイ)
https://instagram.com/sweetie_pie_sami_

参加費:1,000円(商品発送費、事務手数料等含む)
※会費は事前のお支払いをお願いいたします。

支払い方法の詳細はお申込みいただいた方へご連絡いたしますが、Paypal(クレジット決済)、ゆうちょ銀行への振り込みを予定しています。入金確認後、参加に必要な情報をお送りします。

なお、入金後の参加費の払い戻しは対応いたしかねますので、あらかじめ、ご了承ください。

定員:8名限定
※先着順となります。お早めにお申し込みください。
申込締切:2021年2月19日(金)
お問合せ:info@viwa.jp(viwa事務局 担当 奈良・山本)

【対象】
・視覚に障がいのある方(男女参加可)
・zoomへの接続が問題なく行える方
(viwaではzoom接続に関するサポートは致しておりません。)

【お申込み方法】
メールの件名に「2/25viwa Beauty申込」としていただき、下記必要事項をご記入の上、info@viwa.jpまでお申し込みください。
お申し込み後2日以内に、受け付け受領およびお支払方法に関するメールを事務局よりお送りします。

<必要事項>※項目名末尾の「*」は必須項目です。
・氏名(漢字)*
・氏名(ふりがな)*
・障がいの状態(弱視・全盲等)*
・年齢*
・メールアドレス*
・電話番号*
・支払い方法*
 →いずれかよりお選びください(クレジットカード決済 / ゆうちょ口座振り込み)※口座振り込みの場合は振込手数料はご負担願います。
・商品送付希望先住所

※時間指定を希望される場合は追加料金300円を申し受けます。


【当日の流れ】
9時30分 接続テスト開始
※接続方法に不安のある方は、9時30分になりましたら、接続テストをお願いします。
10時 セミナー開始
・講師自己紹介
・参加者自己紹介
・サプリメントのいろはレクチャー(青汁とビタミンC)
11時10分 終了


なお、当日のセミナーの様子を写真撮影させていただきます。
写真はファンケルのホームページ、viwaのブログ等に掲載させていただく場合がございますのでご了承願います。

案内は以上です。


それでは、皆様とオンラインでお会いできることを楽しみにしております。
#ファンケル #サプリメント #オンラインセミナー #視覚障害 #青汁 #初心者歓迎

viwa 奈良里紗

2021年1月11日月曜日

自己紹介 佐藤正純

 皆さん


初めまして

私は東京都大田区在住の視覚障碍者で、現在は大学や専門学校で若い学生さんに医学の講義をしております医師の佐藤正純と申します。

この度ある視覚障碍者のズーム会合で、viwaの奈良里紗さんとご縁ができて、自己紹介をさせていただくことになりましたので、盲人ゆえの読みづらい駄文乱筆の長文ながらしばらくお付き合いいただければ幸いです。

私は1958年(昭和33年)6月10日生まれの現在62歳で、

1977年(昭和52年)3月開成高校卒

1984年(昭和59年)3月群馬大学医学部医学科を卒業して横浜市立大学脳神経外科に入局し、大学や救急指定の関連病院の前線で脳卒中や脳外傷の救急患者さんの脳神経外科手術に明け暮れ、1992年 6月から2年間は横浜市立大学救命救急センターの医局長として後進の指導をしながら横浜市の救急救命士制度の確立などに携わっておりましたが、脳神経外科医として12年、37歳になってそろそろ独り立ちをができるかと思っていた矢先の今から25年前、1996年2月25日医局の同僚と訪れた北海道のニセコスキー場で初めてのスノーボードに挑戦して転倒し、脳挫傷によって1か月昏睡状態のまま生死をさまよい、そのころ確立しつつあった低体温療法を取り入れてくださった札幌医大の先生方のご努力で、1か月後に辛うじて植物状態から脱却して意識を回復しましたが、広範な脳のダメージによって、失明、歩行困難、記憶障害などが重複した重度障害者となって、脳神経外科医の継続は不能となりました。

その時の私は66歳の母、32歳の家内、4歳の長女、0歳の次女を背負った立場で全く将来が見えない失望のどん底におりました。

3か月後に以前の勤務先である横浜市立大学病院に転院、その後神奈川リハビリテーションセンターで様々な機能訓練を受けて受傷から1年半が経過しましたが、重度障害の私にはもう社会復帰は困難と判断され、リハビリ医からは「これ以上何をお望みですか?後はもう自宅に帰ってゆっくり余生を過ごしてください」という厳しい言葉を浴びせられて退院となりました。

その時の悔しい気持ちから、38歳という年齢からも、家族のためにもこのまま埋もれて葉いられない、後はもうリハビリ医には頼らず自らのプログラムで社会復帰を目指して見せる、と誓って点字教室から送られてくるテープ図書のうち医療関係のものを選んで熟読したり、横浜のアマチュアジャズバンドにピアニストとして復帰して、練習に参加したりステージに出演することで脳の活性化を目指してみました。

横浜のジャズバーのステージに出演した時は脳神経外科の後輩が応援に来てくれて、「脳外科佐藤は倒れてもジャズメン佐藤は死なず」と言って喜んでくれました。

また、リハビリセンターで私には不可能だと思われていた点字の習得にも挑戦するために地元大田区で開かれている点字教室に通学して、テープ図書のタイトルを読んだり、選挙で点字投票ができるようになりました。

しかし、1999年12月25日 特別職公務員の休職期間が切れて横浜市立大学医学部を退職と同時に家庭の収入源が完全になくなると、早速社会復帰に向けての方法開拓を迫られることになりました。

まず、失明と記憶障害によって失われた読み書きの能力を取り戻すことが必要だと考

えた私は、2000年1月から新宿区四谷の日本盲人職能開発センター(現日本視覚障害者職能開発センター)に入学して、約1年の個人指導を受けた結果パソコンの音声読み上げソフトを用いてブラインドタッチでテキストファイルの作成やメールの送受信が可能になり、更に大学の同級生やテキストボランティアの方々のご協力で、記憶を回復した医学知識をまとめて文書に作成することが可能になりました。

次に社会復帰のためには視角障害でも勇気を奮って独り歩きをすることが必要だと考えた私は、2001年3月から東京都盲人福祉協会の歩行訓練しの先生に、パソコンを通じて自ら開拓した「言葉の道案内」による単独歩行を提案してご指導をお願いし、地域の点字教室から始まって都心で開業している同級生の歯科クリニック、横浜の大学病院への通院横浜のジャズバンド練習への参加都心の障碍者団体の交流会への参加などと徐々に行動範囲を広げて、ほぼ半年後の秋には、十分な事前準備をしておけば電車とバスを乗り継いで多くの場所へ単独歩行ができる技術を獲得しました。

偶然そのころ横浜市内のある医療専門学校から講師募集がでているのを脳外科教室の同僚や恩師が見つけて私を推薦してくださることになったのは願ってもないチャンスでした。

専門学校としては視覚障碍者が安全に通勤できるか、満足な講義ができるかを不安に思っていたようですが、私は前もって準備をしておいて、面接には一人で訪問し、

帰りも心配して後をついてきたらしい校長にも心配をかけずに迷わず駅まで到着して安全な通勤を証明しました。

また、その年度末には特別講義のチャンスをいただき、そこでは東洋療法と西洋医学の共通の課題である頭痛について、見逃してはいけない頭痛の診断と治療という課題で視力に頼らずに90分の講義を展開して私が十分な臨床医学の知識をもって学生の講義ができることを照明することができて、翌2002年4月から、横浜市内の専門学校東洋療法科・介護福祉科で医学史と介護福祉科の臨床医学一般の非常勤講師として6年ぶりに社会復帰することができました。

最初の90分の講義が終わった時には思わず、「私は生きていて本当に良かった」という言葉があふれて、これが私のリハビリテーション(権利の回復)が達成できた瞬間でした。

それから5年間はこの専門学校で学生を教えながら依頼に応じてリハビリ体験談を執筆したり、新聞、ラジオなどのメディアに出演したり、講演活動などをしておりました、2007年4月からは、専門学校からの紹介で新横浜の介護付有料老人ホームに、常勤の医療相談員として復職し、看護師の質問に応じて医療のアドバイスをしたり、音楽療法で高齢者の脳の活性化を促したり、医療専門学校に出張して救急救命科の学生に臨床医学の講義をしたり1昨年61歳で定年退職するまで12年間勤務しましたが、現在は筑波大学付属視覚特別支援学校理学療法科非常勤講師(神経内科)

文教大学健康栄養学部管理栄養学科非常勤講師(医療概論)の二つの非常勤職を持つのみで、常勤職はありません。還暦を過ぎたとはいえ、今までの経歴を生かしてまだまだ社会に貢献したいという意欲は失っておりませんので、

何かありましたらご紹介いただければ幸いです。

佐藤 正純

Mail: masazumisato@b01.itscom.net


2021年1月4日月曜日

実施報告:視覚技塾2020~地域格差~

viwaの谷田です。 


去る11月7日(土)に「地域格差」をテーマとした視覚技塾をオンラインで開催いたしました。


「地域格差」を過去の言葉に、、、、。


これまで、視覚障がい者の環境は絶え間ない進化を続けてきました。

コロナ禍においてもその進化は止まることなく、オンラインミーティングを活用し、自宅にいながら交流をすることができるようになりました。


オンラインミーティングの活用によって、「地域格差」が解消された例もありますが、一方で「IT格差」が際立っています。

どんな優れたツールも、導入時に手助けが必要だからです。


このままではIT格差が「地域格差」を過去のものにすることを阻んでしまいます。

そこで、視覚障がい者の地域格差について、3人の挑戦者にお話を伺いました。


視覚技塾オープニング動画



URLから動画を見る場合はコチラ

https://youtu.be/KVTNoJANKa8


◆東北の販売店の立場から

(株)トラストメディカル 課長

小泉 大介(こいずみ だいすけ)様



URLから動画を見る場合はコチラ

https://youtu.be/pBCKJG8xGoQ


◆島根県のリハの立場から

社会福祉法人 島根ライトハウス 

庄司 健(しょうじ たけし)様



URLから動画を見る場合はコチラ

https://youtu.be/VGGs09Zk76c


◆静岡県の当事者の立場から

日本視覚障害者団体連合青年協議会長、静岡県視覚障害者協会監事

片平 考美 (かたひら ちかみ)様


URLから動画を見る場合はコチラ

https://youtu.be/Da0DfAvx4IE


地域や立場を超えて、それぞれのドラマを伺うことができました。

後半は、講演を受けての熱いディスカッションが行われました。

中でも多かったのは庄司さんの取り組みについてで、参加者自信の地域でどう実現すればよいか質問が飛び交いました。


3名の挑戦者のお話を聞いて、地域の最前線で挑戦するパッションを感じました。

また、参加者からの共鳴するような声に、「地域格差」というテーマへの関心の大きさが伺ええました。


本当にこのイベントをやってよかった、そう思わされました。


文末で恐縮ですが、今回このような企画を開催させていただきありがとうございました。

このイベントが、”どこか”の”だれか”の「地域格差」を埋める一助となれば幸いです。



viwa事務局

2021年1月1日金曜日

2021年☆新年のご挨拶

 皆様


新年、あけましておめでとうございます。

viwaの奈良里紗です。


2021年の元日、皆様、いかがおすごしでしょうか。

皆様が健康にこの新しい年を迎えられていることを心から願っております。


毎年恒例となりますが、一年に一回ぐらいは代表らしいお仕事をしなければと思いますので、viwaスタッフを代表しまして皆様に新年のご挨拶を申し上げたいと思います。


2021年への気持ちを語る前に、これまた毎年恒例の2020年を振り返りたいと思います。


2020年2月までは、例年通り、パパママ会と視覚技塾を愛知県立名古屋盲学校にて開催しておりました。

あの当時、まさか新年度が無事に迎えられない事態が起きるとは想像もしていませんでした。


3月上旬に私は視覚障がい関連の施設を訪問することを目的に渡英していました。


帰国すると、日本が新型コロナウィルスによって様変わりしていました。


いつもなら多くの旅行客でにぎわう空港も閑散とし、職員はみんな手袋にマスク。


これはただことじゃない!と肌で感じたことをよく覚えています。


そこから急転直下。


viwaの最大のいいところはフットワークの軽さ。


対面でのイベントはできなさそうということがわかるとすぐにzoomの有料ライセンスを購入。


4月にはオンラインスタイルでのパパママ会がスタートしました。


いまだかつて誰も経験したことのない緊急事態宣言が発出され、誰もが不要不急の外出を制限されました。そんな中でも容赦なく続くのは子育てです。きっと、学校もなくなり毎日毎日、家で過ごさなければならないというのは平時とはまた違った困り感があるのではないかと思い、保護者からのニーズも聞き取り、平日夜21時から毎週開催しました。


ときには、盲学校の先生、ときには眼科関連の医療従事者の方々、ときには歩行訓練士さんなど、皆さんがパパママたちのために時間を作ってくださり、自粛中の悩みに応じてくださったことは本当にありがたいことでした。


また、4月17日より新型コロナウィルスの影響による視覚障がい児・者のお困りごとアンケートも実施することになりました。こちらは現在も継続中です。お困りごとをできるだけ多く拾い上げて何かお役にたつ情報発信ができないかという取り組みです。お困りごとを集計し、Facebook上で公開をしたり、コロナお困りごと座談会をライブ配信したりしてきました。


そして、5月。


ピンチをチャンスに変えたい、私たちにできることは何かないかというスタッフの活発な議論から、とんとん拍子で企画が持ち上がり、アメリカ・シアトル在住の視覚障がいのある日本人である田中恵さんとのオンライン視覚技塾が開催されました。初めてのオンラインセミナーでしたがわずか数日で約70名近い参加がありました。これには運営のスタッフも驚きました。


そして、オンライン化が加速する中で、おきざりにされていく視覚障がい者像がうかびあがってきました。まだ、このころはどの団体もオンライン形式でのイベントを模索しはじめたという状況でした。その模索、四苦八苦して得られたノウハウを共有する場がほしいということから持ち上がったのがオンライン活動をテーマとした視覚技塾でした。こちらは定員の100名にあっという間に達してしまいました。このとき、裏方で事務を担っていたスタッフは相当大変でしたが、社会のために自分たちができることだからと使命感で走り切ってくれました。


6月。

2020年7月10日に向けた準備が始まりました。そう、viwa設立10周年記念です。何か盛大なセレモニーをやろうという方向へいかないのがviwa流。いつも通りのミーティングをFacebookでライブ配信しちゃいませんか?というアイディアが浮上、それに対して「いいね、面白そうだからやろう」と二つ返事で決まってしまうのが気持ちのよいところでもあります。


10年間を振り返るために過去の活動の写真を出し合ったり、こんな活動もしたねとトピックをあげたりと楽しい準備が進みます。


このころ、私たちの生活は徐々に平時モードに切り替わろうとしていました。7月10日は金曜日でした。日時よりもみんなが参加できることが大切という雰囲気が自然とでき、ライブ配信自体は7月11日。でも、viwa時間では7月10日という設定を作り出したのでした。10周年を迎えるにあたり、これまで支えてくださった方々からもお祝いのコメントを寄せていただき、改めて、人に支えられたからこそ、続けられた10年間だったと感じたのでした。


7月。

10周年記念のライブ配信は、終始和やかな雰囲気で

「いつものミーティング」をすることができました。


改めて、次から次へと新しいアイディアがふってくる私、それをやろうとして支え、ともに歩んでくれた仲間には心から感謝したいと思います。

10年前、10年後のこの日がこのような状況になっているとはだれも想像ができなかったと思います。それでも、10年間着実に歩みを進めてこられた、様々なライフステージの変化があったけど、やめずに続けられたのは、仲間がいたからこそだと感じています。


2020年は新たなスタッフがたくさん加わってくれた一年にもなりました。20代から70代まで幅広いスタッフが活動に加わってくれたことで活動に深みがでました。viwaにつながってくださった皆様、本当にありがとうございました。


話は戻しまして、9月から全6回のプログラムで視覚技塾&パパママ会を実施することが決まりました。

「やりたい!」という気持ちが先にたってしまい、細かいことは後回しな私に事務局メンバーを随分と振り回してしまいました。

ときには、認識に齟齬があり衝突してしまうこともありました。それでも、問題解決のために歩みをすすめてくれるスタッフ、さすがです。



9月は読書バリアフリー

10月は中途視覚障がい者の日常生活

11月は地域格差

12月は海外旅行

と4つの視覚技塾を開催することができました。


それぞれのスタッフが自分たちの中にある「やりたい!」や「興味があること」を形にしてくれました。これも私一人ではできなかった、思いつかなかったことばかりです。そして、今まで情報を届けることができなかった全国各地の視覚障害当事者、教育、医療、福祉の関係者の皆様に情報をお届けすることができました。毎回のアンケートで

「そうそう、そういうことが伝えたかった!」

というこちらの想いが届いた瞬間は本当に嬉しくなります。


パパママ会では、ずっとコラボしたいけど距離的な問題でできなかったチャレンジドヨガの高平先生との企画が実現しました。

親子で楽しく体を動かしている様子はみていてポカポカしました。また、12月からは3回プログラムでどなたでも参加可能な健康講座まで実施していただけることになりました。コロナ禍で気持ちが落ち込んでしまったり、体を動かす機会がないからこそ、オンラインでもつながり、体を動かし、思いっきり笑う時間はとても大切だと改めて感じました。


今年はヨガ以外にも、オンラインで料理教室も実施しました。

料理教室、オンラインでなんか無理じゃない?というところから、自宅だからこそ、自宅にあるものでいつものキッチンでお料理ができるっていい!という新たな発見もありました。

何より子どもたちが積極的に取り組んでいて、お料理教室後、何度もおうちで料理してくれるようになったんだとか。体験する機会を作ることの大切さを改めて感じました。


10月、11月は(株)ファンケル様とのコラボ企画でオンラインでのスキンケアセミナーを実施しました。

こちらもオンラインでどういうかんじになるのだろうと思っていたのですが、画面越しでも十分にできることを実感。男女ともに、終了後には本当にお肌がつやつやで、「きれいになる」って大切!と感じました。

私も一緒にセミナーを受けて、それからは優しく肌をいたわる時間を意識的に作りました。すると、本当に触ってわかるぐらいの変化がありました。やっぱり、ちゃんと教えてもらう機会って大切!と私自身が実感しました。

すでに、1月の(株)ファンケル様とのコラボ企画の参加募集が始まっています。2021年も様々なテーマに取り組んでいく予定です。皆さんも一緒にきれいになりましょう。



2020年は、viwaとしてもオンライン化の加速に加えて、初めての取組にたくさん挑戦しました。

これにより、新たな出会いもあり、1年間のメルマガ新規登録者数が100名を超えたのだそうです。これは設立以来の快挙です。

メルマガも10年間、休むことなく配信し続けることができました。当たり前に配信ができるというのはすごいことだと思っています。毎月、この作業にあたってくれているスタッフには感謝です。


やりはじめたけど、なかなか更新ができていなかったviwa talkも、竹内くんという新たなパーソナリティを迎え、再び、走り出すことができました。


また、弱視の大学生が2名、体験記を定期的に執筆してくれています。


10周年の節目にこのような多くの新たな挑戦ができたこと、そして、つながりをつむぎだすことができたことは本当に嬉しい出来事でした。


さて、ここからが2021年についてです。笑


10年という節目を迎えたことで、

「奈良さん、次の10年はどうするのですか?」

という質問を投げかけられるようになりました。


この10年で検索すれば視覚障がいに関連する情報がでてくるという環境を作り出すことができたかなと思っています。実際に、viwaのブログをみて個別にご相談をいただくケースも増えてきています。この情報の蓄積は引き続き次の10年にかけても行っていきたいと考えています。


この10年は創生期、まさに、viwaという骨組みづくりでした。


ですから、これからの10年はこの骨組みに少しずつ肉付けをしていけたらと考えています。


10年かけて、点をつくることができた。


次の10年は点と点を結びそれを線にしていきます。


線ができたら次は線と線をつないで面を作っていきたい、そんなふうに考えるようになりました。


私という点からは、次世代を担う10代、20代との間に線をつないでいけたらと思っています。なぜ、このように思うようになったかというと、私自身、20歳前後のときに先輩方が私という点に興味をもち、先輩方へとつながる線を引っ張ってくれました。それらがきっかけともなり、私はこういう活動を始めました。次は私が後輩たちに線をつなぐ番なのかもしれない、そう思ったのです。


2020年は新しい生活様式に慣れるのが精いっぱいの一年でしたよね。


だから、2021年はこのニューノーマルに私たちがもっとなじんで、できないことをできる化するための取組をすすめていきたいと考えています。


私たちの活動は、この記事を読んでくださっている一人ひとりの方々の「ちょっと困ったな」が動力源となっております。ぜひ、皆様からは引き続き、「こういうことに困っているんだけど」というリアルなお声をお寄せいただけたらと思います。

「こんなことで困っているのはきっと私だけ・・・」

そんなふうに思わずに、ちょっと、知り合いに相談するような感覚で私たちに話しかけてもらえたらと思います。


viwaには私も尊敬する、素晴らしいスタッフがたくさんいます。彼らは自分たちの経験、知恵、工夫が何か役に立つならばと動いてくれます。


こんな世の中だからこそ、一人で悩まないでください。


スタッフの谷田さんが口癖のように

「私は視覚障がい者の孤独をなくしたいんです!」

といつも心強い口調で話しています。


この気持ちはきっとみんな同じです。


2021年も皆様にとって、「困ったときのviwa」といっていただけるような活動を展開できたらと思っております。


今年一年が皆様にとって笑顔あふれる一年になりますことを心より願っております。


viwa 奈良里紗